@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グリコール

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グリコール
glycol
二価アルコール。2つの水酸基が異なった炭素原子に結合しているアルコールの総称。一般式 R(OH)2 。水酸基の結合相互位置によって1,2-,1,3-グリコールという。ユーパック化合物命名法では,グリコールの代りに母体となる炭化水素名の語尾にジオールをつけて呼ぶ。1,2-あるいは1,3-グリコールなどは,通常は無色で甘く,粘りけのある液体である。製法や性質は一価アルコール類と似ている。すなわちエステル,エーテルなどを生成する。また脱水剤によって環状エーテル,不飽和アルコール,ジエンを生成する。 (→エチレングリコール )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グリコール(glycol)
水酸基を2個もつアルコール類の総称。二価アルコール。ふつうはエチレングリコールをさす。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グリコール【glycol】
2個の水酸基が2個の異なる炭素に結合している脂肪族あるいは脂環式化合物の総称。ジオールdiolともいう。2個の水酸基はそれぞれアルコールとしての性質をもち,隣合せの炭素に結合しているものを1,2‐グリコールといい,間にメチレン鎖-CH2-が増えていくにしたがって,1,3‐グリコール,1,4‐グリコール,1,5‐グリコールなどと呼ばれる。エチレングリコールHOCH2CH2OHのことを工業的にはグリコールと呼ぶことがある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

グリコール【Glykol】
二個のヒドロキシル基が脂肪族あるいは脂環式化合物の二個の異なる炭素原子に結合した化合物の総称。二価アルコール。最も簡単なものはエチレングリコール。一般に甘みがあり、粘度の高い無色液体で水によく溶ける。
エチレングリコールの略。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グリコール
ぐりこーる
glycol
1分子中にヒドロキシ基を2個もつアルコールの総称。もっとも簡単な構造のグリコールは、慣用名エチレングリコール(1,2-エタンジオールが正式名)である。これは、エチレンCH2=CH2を酸素と反応させてエチレンオキシド(酸化エチレン)とし、これから製造され、単にグリコールと略称されることもある。エチレングリコールは、これと炭素数が等しいがヒドロキシ基が1個しかないエタノール(エチルアルコール)CH3CH2OHに比べて沸点が高く、また粘稠(ねんちゅう)である。エチレングリコールはテレフタル酸と重縮合させてポリエチレングリコールテレフタレートとよばれるポリエステルを製造するのに用いられる。このポリエステルは合成繊維としても多く使用されるだけでなく、アルキド樹脂の製造など各種の目的に利用される。さらにエチレングリコールは融点が-12.6℃であるうえ、沸点が197.6℃と高く、しかも水とよく混合するので、自動車のエンジンの冷却用の不凍液としても用いられる。このような種々の用途のために、日本では年間約90万トンのエチレングリコールが生産されている。
 1分子の中に2個のヒドロキシ基があることは、2個のヒドロキシ基の反応性が高いため、分子の一つの箇所でなく二つの方向に向かって反応して、大きい分子をつくることができる意義がある。[徳丸克己]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

グリコール
グリコール
glycol

2個のヒドロキシ基がそれぞれ相異なる2個の炭素原子に結合した脂肪族,あるいは脂環式化合物の総称.隣接炭素原子にヒドロキシ基をもった1,2-グリコールを意味することが多い.工業的には,とくにエチレングリコール略称として用いる場合もある.ヒドロキシ基はそれぞれアルコールとしての性質を示す.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリコール」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グリコールの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation