@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グリーンバック

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グリーンバック
greenback
アメリカの法定紙幣一種。緑背紙幣。その裏側の緑色のデザインから名づけられた。 1862年2月 25日の立法に基づき同年最初に発行,4億 5000万ドルの発行高が規定され,南北戦争時の政府の財政収入を助けた。最初は金貨1ドルと同価値を有し,64年7~8月には 39セントの価値に下落したが,76年まで 90セントの価値を保持した。 79年兌換紙幣とされ 34億 7000万ドルの発行高に達した。また,困窮した農民たちの一部は,これの増発によって農産物価格の上昇と借金軽減を望んでグリーンバック党に参加した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グリーンバック(greenback)
米国ドル紙幣のこと。裏面が緑色であることから。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐりーんばっく【グリーンバック】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

グリーンバック
ぐりーんばっく
Greenback

アメリカ合衆国で南北戦争(1861~65)中の1862年から発行された不換紙幣。裏面が緑色なのでこの名がある。この紙幣増発の運動を背景に同名の政党も生まれた。

 グリーンバックは、当初戦費をまかなうために大量に発行されたが、戦後、共和党政府はデフレ政策をとり、兌換(だかん)を開始することによってグリーンバックの引締めを図った。しかし、インフレの持続を願う債務者、とくに農民たちの強く反対するところとなり、彼らは紙幣の増発を要求して、いわゆるグリーンバック運動を起こした。1876年、運動の中核として第三党の「グリーンバック党」が結成されたが、翌年には労働条件の悪化に苦しむ労働者の支持が増え、「グリーンバック労働党」と改称、党勢力が最高潮に達した78年の選挙では、100万票を集め、14人の下院議員を連邦議会に送っている。

[平野 孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グリーンバック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グリーンバックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation