@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グルカン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グルカン
glucan
グルコース (ブドウ糖) を単位とする生物界での代表的多糖類多糖類を呼ぶには,構成単糖の名の語幹語尾として-anを加えるという慣行に従った命名。糖同士の結合様式や結合が途中で枝分れする頻度によって,デンプン (そのうちにも直鎖部分のやや長いアミロースと枝分れの多いアミロペクチンが区別される) ,動物の貯蔵多糖類であるグリコーゲン,植物細胞壁のセルロース地衣類リケナン細菌が合成するデキストランなど各種のものが生じる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グルカン(glucan)
ローグルコース(ぶどう糖)から構成される多糖類総称歯垢(しこう)の主成分で、ぶどう糖が分岐しながら多数連なる。虫歯菌が作り、黴菌(ばいきん)の温床となる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

グルカン
 グルコースを構成糖とする多糖の総称.デンプン,セルロースなど.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

グルカン
グルカン
glucan

D-グルコースから構成される多糖の総称.もっとも多量に天然に分布しており,すべてD-グルコピラノース残基よりなる.主鎖のアノマー炭素原子の立体配置により,α-グルカンとβ-グルカンとに大別される.主鎖と側鎖の構造の違いによって表のように分類される.表のもの以外に,2種類の結合様式が交互に繰り返されるグルカンとして,プルラン(α1→4とα1→6)やニゲラン(α1→3とα1→4)が知られている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルカン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グルカンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation