@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グルジア

大辞林 第三版

グルジア【Gruziya】
西アジア、カフカス山脈の南麓、黒海の東岸に臨む共和国。茶・ブドウ・柑橘類などが栽培され、マンガンなどを産出。主な住民はグルジア人。1991年12月ソビエト連邦の解体により独立。首都トビリシ。面積7万平方キロメートル。人口450万( 2005)。正称、グルジア。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

グルジア
カフカス山脈と黒海に挟まれた、旧ソ連の構成国。4世紀にキリスト教が普及した。国土は日本の約5分の1。19世紀にロシア帝国に併合された。91年ソ連から独立。早くから対ロシア関係が複雑化した。92年からソ連時代に外相としてゴルバチョフ政権のペレストロイカを支えたシェワルナゼ氏が国を率いた。03年の議会選挙後、野党支持者らによる「バラ革命」でサアカシュビリ大統領が就任した。
(2006-10-08 朝日新聞 朝刊 1外報)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

グルジア(Gruziya)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グルジア【Gruziya】
正式名称=グルジア共和国Sakartvelos Respublikis∥Republic of Georgia面積=6万9700km2人口(1996)=536万人首都=トビリシTbilisi(日本との時差=-4時間)主要言語=グルジア語(公用語),ロシア語,アルメニア語通貨=ラリLariヨーロッパ南東部,大カフカス山脈南西斜面と黒海東岸にはさまれた共和国。ソ連邦を構成する共和国の一つであったグルジア社会主義共和国Gruzinskaya SSR(正称はサカルトベロ・ソビエト社会主義共和国Sakartvelos Sabchota Sotsialisturi Respublika)が,1991年4月グルジア共和国として独立回復を宣言した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グルジア
ジョージア」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グルジア
ぐるじあ

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グルジア
(Gruzija)⸨グルジヤカフカスコーカサス)山脈の南側にある国。西は黒海に面する。首都トビリシ。一九二二年、ザカフカス連邦共和国が成立するまで、モンゴル、トルコ、ペルシアなどの支配、侵略を受けた。三六年ソビエト連邦に加入。九一年独立。マンガン、石炭などの鉱物資源に富み、柑橘類、ブドウなどの生産が多い。スターリンの生地。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルジア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グルジアの関連情報

他サービスで検索

「グルジア」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation