@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グルートフォンテーン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グルートフォンテーン
Grootfontein
ナミビア北東部の町。ウィントフーク北東約 340kmに位置。国内鉄道網の北東の終点農産とリン鉱石開発の中心地。1920年巨大な隕石が発見されたことで知られる。人口 2万1595(2001速報値)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グルートフォンテーン(Grootfontein)
ナミビア北部の町。標高約1500メートルの高原に位置する。名称はアフリカーンス語で「大きな泉」を意味し、近郊に熱水泉があることに由来する。南アフリカから来たボーア人によって建設。牧畜業、農林業が盛ん。グロートフォンテイン。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グルートフォンテーン
ぐるーとふぉんてーん
Grootfontein

アフリカ南西部、ナミビア北部の町。カラハリ砂漠の西部、標高1500メートルの高原に位置する。人口1万1000(1999)。オアシス・タウンとして建設され、幹線鉄道の終点となってから発展した。周辺ではウシの放牧や湧水(わきみず)による農業が行われ、西方の山地では銅、鉛、亜鉛などの鉱業開発が進められている。

[林 晃史]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グルートフォンテーン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グルートフォンテーンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation