@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グレトリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グレトリー
Grétry, André-Ernest-Modeste
[生]1741.2.11. リエージュ
[没]1813.9.24. パリ近郊モンモランシー
ベルギーの作曲家。 1759年よりローマ留学,その後オペラの作曲家としての道を歩む。ローマで 65年初めてインテルメッゾ『ぶどう収穫人』を発表。 67年よりパリに移住。そこで彼のオペラは爆発的人気を呼び,その後数多くの作品を書き,オペラ・コミックの新しい時期を画した。おもな作品は,『もの言う絵』 (1769) ,『ゼミールとアゾール』 (71) ,『獅子心王リチャード』 (84) 。 1790年代に入ってからはオペラの作曲をやめ,文学・哲学方面の著作に頭した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

グレトリー【André‐Ernest‐Modeste Grétry】
1741‐1813
ベルギー生れのフランスの作曲家。1761‐66年ローマに留学,ペルゴレージに心酔し,オペラの作曲を志す。68年からパリに定住し,オペラ・コミックの作曲家として活躍した。代表作《獅子心王リシャールRichard Cœur de Lion》(1784)は,〈救出オペラrescue opera〉(フランス革命前後に民衆から愛好された)の先駆けとなった。彼はディドロ,グリムと親交があり,彼ら百科全書派の主張を舞台の上で具現してみせたといわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

グレトリー
ぐれとりー
Andr Ernest Modeste Grtry
(1741―1813)
ベルギー出身でおもにフランスで活躍した作曲家。リエージュに生まれる。1760年からローマでカザーリに作曲を師事、ローマ滞在中にインテルメッツォ『ぶどう摘み女』(1765)を発表。ジュネーブを経て68年からはパリに住み、オペラ・コミック作曲家としての地位を確立した。彼は作曲技法上の革新よりも、簡明な構成、親しみやすい旋律に主眼を置き人気を博した。歌劇作品は60曲を超えるが、現在はほとんど上演されない。彼は多くの著作を残し、そのなかには音楽評論、回想などのほか、音楽の枠を超えた鋭い時評も含まれている。[美山良夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレトリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グレトリーの関連情報

関連キーワード

寛保グルックラ=ペルーズ堀江六之丞エリザベータ・ペトロブナ絵島・生島事件初判ヘンデルのメサイア自衛官募集と安倍首相発言ウードン

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation