@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グレートプレーンズ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グレートプレーンズ
Great Plains
アメリカ中西部を占める大平原の呼称。ロッキー山系の東側で,カナダからメキシコ国境にまで及ぶ。その面積は約 290万 km2。標高はロッキー山系沿いの高所で 1800m,東方の低い部分で 600m。年平均降水量は 500mm程度のところが多く,大部分が短草原。サウスダコタ州ワイオミング州境のブラックヒルズのような高地やサウスダコタ州の荒地,ネブラスカ州の砂丘や低地などは有名。牧畜と穀物栽培が主産業。特に乾燥した地域では,灌漑農業や乾燥農業など特殊の農法が必要である。鉱産資源は石油天然ガスのほか,コロラド州南東部の石炭,ブラックヒルズの金,銀,鉛,北部の亜炭,亜瀝青炭の大炭脈などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

グレート‐プレーンズ(Great Plains)
北アメリカ大陸中西部の大平原。ロッキー山脈東麓からミシシッピ川にかけて広がる。小麦・トウモロコシの栽培や放牧が盛ん。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

グレートプレーンズ【Great Plains】
北アメリカ大陸、ロッキー山脈の東麓から西経約100度線との間に広がる平原。牛・馬の放牧と小麦・トウモロコシを産出する農牧業地帯。大平原。 → プレーリー

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グレート‐プレーンズ
(Great Plains) 北アメリカ中西部、ロッキー山脈東麓からミシシッピ河谷にかけて広がる大平原。大部分が放牧地で、コムギ、トウモロコシの栽培が盛ん。石油、天然ガス、石炭の世界的産地

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グレートプレーンズ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グレートプレーンズの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation