@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グロチウス

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グロチウス
Grotius, Hugo
[生]1583.4.10. デルフト
[没]1645.8.28. ロストク
オランダの政治思想家。法律家,神学者,詩人。デルフトの名門に生まれ,12歳でライデン大学に入学し,オルレアン大学で学位を受け,弁護士としてハーグで活躍。オランダ名は Huigh de Groot。その名声は史料編纂家としてマルティアヌス・カペルラの百科全書『サティリコン』の編集で確立 (1599) 。 1604~05年にかけて『捕獲法論』を執筆。その一部は『自由海論』として出版 (1609) されたが,全体の公刊は 1868年である。神学上の問題に発した諫争派対反諫争派の争いに巻き込まれ,前者の指導者とみなされ,終身刑で投獄された (1618) 。しかし妻の助けでパリに亡命,ここで『戦争と平和の法について』 De jure belli ac pacisを完成 (1625) ,この書で近代国際法学の創始者と目される。 1634~45年スウェーデンのフランス駐在大使を務め 1645年辞職。一生を通じてカトリックとプロテスタントの合同のために心を砕いたが,のち徐々にカトリックに近づいた。キリスト教の古典に精通し,『キリスト教の真実について』 De veritate religionis Christianae (1622) ,『新約・旧約聖書註解』 (1641,1644,1646,1650) を著わす。またすぐれた新ラテン詩人の一人でもあった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

グロチウス
(Hugo Grotius フーゴー━) オランダの法学者。オランダ名ホイフ=デ・フロート。法に自然法的基礎づけを与えて中世の宗教思想から解放し、また従来の国際慣行を体系化して、「自然法と国際法の父」といわれる。主著「戦争と平和の法」「海洋自由論」。(一五八三‐一六四五

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロチウス」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グロチウスの関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)尾山ガーゴピントガーゴ小谷方甲府城キルヒナーシェークスピア賤ヶ岳の戦い

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation