@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グロマー・チャレンジャー号【ぐろまーちゃれんじゃーごう】

日本大百科全書(ニッポニカ)

グロマー・チャレンジャー号
ぐろまーちゃれんじゃーごう
Glomar Challenger

1968年以来深海掘削計画Deep Sea Drilling Program(略称DSDP)に従事し、同計画が国際協力事業に拡充された75年以降も引き続き稼動、1983年11月退役した掘削船。アメリカのグローバル・マリン社の持ち船で、スクリップス海洋研究所が運用していた。全長122メートル、幅20メートル、喫水6メートル、排水量1万0500トンで、船の中央に水面上21メートルにも達する掘削用の櫓(やぐら)を有し、水面下7000メートルまでの海底ボーリングが可能であった。海底に音波発振器を沈め、信号を船体の3個の水中聴音器で受信。その到達時間から船位を計算し、機関とコンピュータを連動させて操船、錨(いかり)を用いずに、洋上の一点にとどまることができた。なお、85年からの国際深海掘削計画Ocean Drilling Program(略称ODP)事業では、本船より性能の高いジョイデス・レゾリューション号(排水量1万8600トン)が従事している。

[安井 正・佐伯理郎]

『ケネス・ジンファ・シュー著、高柳洋吉訳『地球科学に革命を起こした船――グローマー・チャレンジャー号』(1999・東海大学出版会)』『ケネス・ジンファ・シュー著、岡田博有訳『地中海は沙漠だった――グロマー・チャレンジャー号の航海』(2003・古今書院)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グロマー・チャレンジャー号」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グロマー・チャレンジャー号の関連情報

関連キーワード

ベトナム戦争史(年表)ケータイ小説ザ・ディープジョイデス・レゾリューション号海洋深層水チェン・カイコー皮膚感覚ガラス箱の蟻国際深海掘削計画シーゲル

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation