@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

グーズベリー

デジタル大辞泉

グーズベリー(gooseberry)
《「グズベリ」とも》ユキノシタ科の落葉小低木。葉は円形で三~五つに裂け、葉柄の付け根にとげがある。春、淡緑色の花をつける。果実球形で、生食にするほか、ジャムにする。ヨーロッパ・北アメリカ・西アジアの原産で、果樹として栽培。まるすぐり。西洋すぐり。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぐーずべりー【グーズベリー】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

グーズベリー
〘名〙 (gooseberry) ユキノシタ科の落葉小低木。ヨーロッパ、北アフリカおよび西アジアの原産で、日本には明治初年に渡来した。幹は高さ一メートルぐらいで叢生する。全体に短毛を密布。葉柄の基部には一~三岐した刺(とげ)がある。葉はほぼ円形で三~五中裂し、各裂片の縁には鈍い鋸歯(きょし)がある。春、葉腋(ようえき)から花茎を垂下し、淡緑色の五弁花を一~二個ずつつける。果実は直径約一センチメートルの球形で暗黄緑色を帯び芳香と甘味があり、生食したり、ジャム、ゼリー、スグリ酒などをつくる。まるすぐり。せいようすぐり。〔日本植物名彙(1884)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

グーズベリー
スグリ(酸塊)」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

グーズベリー
ぐーずべりー

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グーズベリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

グーズベリーの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation