@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケイ酸塩鉱物【けいさんえんこうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケイ酸塩鉱物
けいさんえんこうぶつ
silicate mineral
二酸化ケイ素と金属酸化物の塩より成る鉱物総称で,造岩鉱物の大部分はケイ酸塩鉱物である。ケイ酸塩は,基本的には (SiO4)4- の大きな陰イオンと金属の小さな陽イオンとから成る。ケイ素イオンは4配位でそのまわりに4個の酸素イオンが正四面体状に配置する。 (SiO4) 正四面体が結晶構造の基礎で,その結合と配列状態によりケイ酸塩の分類が行われる。多くのケイ酸は固溶体でカルシウム(II),マグネシウム(II),鉄(II)の相互置換,アルミニウム(III)と鉄(III),ナトリウムとカリウム,水酸基とフッ素などの置換により組成が複雑になっている。火成岩の主要造岩鉱物の長石雲母角閃石輝石橄欖石 (かんらんせき) はケイ酸塩鉱物で,石英シリカ鉱物 SiO2 である。セメント陶磁器煉瓦などもケイ酸塩鉱物が重要な役割をなす。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケイ酸塩鉱物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケイ酸塩鉱物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation