@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケトレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケトレ
Quetelet,Lambert-Adolphe-Jacques
[生]1796.2.22. ガン
[没]1874.2.17. ブリュッセル
ベルギーの数学者,統計学者,天文学者。 P.ラプラスと J.フーリエの影響で確率論に興味を寄せ,1835年に統計学の歴史にとって画期的な『人間とその能力の発展について-一つの社会物理学試論』を刊行し,名声を得た。フランスの犯罪者などについて統計学の新しい技法を駆使しながら詳細に論じたもので,社会科学の研究に数学的手法が大々的に用いられる先駆となった。 19世紀の実証主義的精神の体現者とみなされる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケトレ(Lambert Adolphe Jacques Quételet)
[1796~1874]ベルギーの統計学者・天文学者社会現象自然科学の計量方法を適用、近代統計学のとなった。人類およびその精神の発展について」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ケトレ【Lambert Adolphe Jacques Quetelet】
1796‐1874
ベルギーの統計学者。最初,数学,天文学を学び,天文台長となったが,後には統計学の諸分野で活躍,近代統計の父と呼ばれている。彼は主著《人間について》(1835)のなかで,人間および社会の各現象においても物理現象と同じような統計的法則性がみられることを指摘し,大きな影響を与えた。そして統計を用いて,人間および社会に関する精密科学〈社会物理学〉を打ち立てようとし,そのための方法として〈平均人〉の概念を提唱した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ケトレ【Lambert Adolphe Jacques Quetelet】
1796~1874 ベルギーの統計学者・天文学者。統計学的方法を人間研究に用い、国勢調査の企画を標準化することに貢献。著「社会物理学」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ケトレ
(Lambert Adolphe Jacques Quetelet ランベール=アドルフ=ジャック━) ベルギーの統計学者、天文学者。王立天文台長。確率論を基礎として、社会現象における自然科学的法則性を追求し、近代統計学を確立した。国際統計会議設立に尽力。主著「人間について」など。(一七九六‐一八七四

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケトレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケトレの関連情報

関連キーワード

アーガー・ムハンマドアミノ安息香酸アンティオコス[3世]アンチオコス3世アンティオコス(3世)朝鮮人帰還協定アミノ安息香酸(データノート)ベネディクト ヘヴェデスエカチェリーナアッシニャ

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation