@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケニ人【ケニびと】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケニ人
ケニびと
Kenites
旧約聖書に言及されるパレスチナの遊牧系民族名。彼らはアラバ涸れ川沿いに移動を繰返す部族で,金細工にすぐれた技術をもっていた。モーセの義父エテロはケニ人であり,祭司としてヤハウェ信仰をイスラエル人に伝えたといわれる。彼らはのちにイスラエルのユダ族に吸収されたらしい。しかしその伝統をひくレカブ人のように遊牧的生活をきびしく守る一団も存続した。またカナン的生活と妥協したオムリ朝とも対立したが,それ以後ケニ人の名前は消えうせた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケニ人」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケニ人の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation