@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケプラー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケプラー
Kepler, Johannes
[生]1571.12.27. ウュルテンベルク
[没]1630.11.15. レーゲンスブルク
ドイツの天文学者。惑星運動に関するケプラーの法則で有名。テュービンゲン大学に入り神学を志したが,M.メストリンの影響で天文学に転じた。オーストリアのグラーツにあるルター派の高等学校の数学教師 (1594) 。宗教上の問題からグラーツを去り,プラハでルドルフ2世に仕える T.ブラーエの助手となる (1600) 。翌年ブラーエの死によりその跡を継ぎ,観測記録に基づく宇宙体系を組立てる仕事に取りかかり,新星 (ケプラー星) を発見 (04) 。ルドルフ2世死去後は新皇帝マティアスに仕えたが,経済的には貧困で,家庭にも恵まれなかった。ケプラーの天文学研究は,ブラーエの残した膨大で精密な観測データに基づきながら,それと適合する幾何的パターンを探り当てようとするものであった。『宇宙の神秘』 (1596) で,5種の正多面体に6個の惑星軌道がはめ込まれた独特の宇宙構造を唱え,この基本構造に基づいて計算を進めた結果,惑星運動に関する楕円軌道 (第一法則) ,面積速度一定の法則 (第二法則) に到達し (1609) ,音楽における和声理論に依拠しつつ,諸惑星の周期の2乗がそれぞれの軌道半径の3乗に比例するという法則 (第三法則) を発見した (19) 。ケプラーの成果は,のちのニュートンの万有引力理論に重要な素材を与えたことによって,地動説確立に大きく貢献した。ほかに望遠鏡の理論研究などを通じて近代的光学理論の基礎を築いたことも無視できない。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケプラー(Johannes Kepler)
[1571~1630]ドイツの天文学者ティコ=ブラーエの学を継ぎ、火星公転軌道を決定。またケプラーの法則の確立、ケプラー式望遠鏡考案、天体表「ルドルフ表」の編集を通じて、近代天文学の先駆者となった。主著「宇宙の神秘」「世界の和声」。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ケプラー【Johannes Kepler】
1571‐1630
ドイツの天文学者。コペルニクスの太陽中心説を支持したが,従来,円運動で説明されていた惑星運動を楕円軌道で表し,現代の教科書のうえでは,惑星運動の〈ケプラーの法則〉によって知られる。これは惑星は太陽を一焦点とする楕円軌道を描くという第1法則,軌道上の惑星の運行速度を定める第2法則,そして諸惑星の太陽からの距離と公転周期の関係を述べた第3法則とからなり,これらをさらに深いレベルで説明するために,のちにニュートンの力学が導かれた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ケプラー【Johannes Kepler】
1571~1630 ドイツの天文学者。ティコ=ブラーエの火星観測記録をもとに火星など惑星の運動を研究し、ケプラーの法則を発見。著「新天文学」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵mini

ケプラー
米航空宇宙局(NASA)が運用している宇宙望遠鏡。太陽系外の地球型惑星を探すため、2009年に米フロリダ州から打ち上げられた。地球と同じく恒星から適度な距離があり、水が存在する可能性のある惑星を多数発見してきたが、13年5月、故障により正常に観測できない状態に陥った。当初予定されていた3年半を超えて運用しており、修理が難しいことから、このまま復旧しなければ観測終了となる可能性がある。
(2013-5-21)

出典:朝日新聞出版
(C)Asahi Shimbun Publications Inc
本事典の解説の内容はそれぞれの執筆時点のものです。常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケプラー
けぷらー
Johannes Kepler
(1571―1630)
ドイツの天文学者。ウュルテンベルク公領ワイルの居酒屋の長男として生まれ、終生、病弱であった。4歳で天然痘のため視力を弱め、17歳のとき父が戦傷死し、以来、家族を扶養した。病身、貧困に加えて当時の宗教戦争といった社会不安にさいなまれながら、惑星運動の実相を追究し、いわゆる「ケプラーの法則」を発見した。
 父が死去した年、聖職者を志してチュービンゲン大学の神学科給費生に合格、教養課程で、とくに教授メストリンMichael Mstlin(1550―1631)の天文学講義に興味をもち、コペルニクスの宇宙体系の説話に自然観を開眼した。また、専門課程の修得では新プラトン主義に傾倒した。彼の著述のなかに近代的な科学理論と中世的な神秘思想とが混在しているのは、この影響である。
 1594年大学卒業後、グラーツ高等学校の数学教師に赴任、かたわら市長の委託で占星暦の編修を試み、厳冬や戦乱などの世相予言が的中して評判となった。その間、宇宙構造に関する構想をめぐらせて、1596年、最初の著作『宇宙の神秘』Mysterium cosmographicumを刊行した。これは、太陽を中心として6惑星(水星・金星・地球・火星・木星・土星)が、5個の正多面体に順次外接・内接することによって、その距離が保たれるという半思弁的な設定であった。この著述によって、ティコ・ブラーエやガリレイの知己を得た。翌1597年結婚したが、1599年に新教徒への迫害が始まり、1600年プラハへ移住した。ここにはコペンハーゲンから亡命したティコ・ブラーエがルードルフ2世の保護の下で火星の運行の観測を続行していた。ケプラーは勅許を得てティコの助手となり、以来ティコ他界までの1年半の間、共同研究を行った。恩師の臨終に際して、16年間にわたる観測資料の整理を遺言委託された。同時に後継者として宮廷数学官に任じられた。この当代随一の観測家から理論家への研究の引き継ぎは地動説の発展にとっては重要な契機となった。
 その後のケプラーの精進は1609年の『新天文学』Astronomia novaとなって結実し、ここにいわゆる「ケプラーの法則」の第一、第二法則を収めた。第一法則「惑星は太陽を一焦点とする楕円(だえん)軌道を描く」の発見は、地球の軌道がほとんど円形に近いのに対して、火星の軌道がかなり楕円であったことから導き出された。第二法則「惑星と太陽を結ぶ動径は同一時間に等しい面積を掃く」は、思考の過程においていくつかの思い違いもあったが、正しい結論に達した。すなわち、ケプラーは、「惑星公転の原動力は太陽の磁気力による」「したがって太陽の自転によって惑星は推進する」「推進作用は日心距離に反比例する」「移動半径の総和が扇形面積となる」として第二法則を導いたのである。これらは、もっぱらティコの火星観測資料に基づくものであった。
 第三法則「惑星軌道の長半径(太陽―惑星間の平均距離)の3乗は公転周期の2乗に比例する」は、全惑星の資料を見渡さなければ得られない質のものであり、その発見にはさらに10年間を要した。1619年の『世界の調和』Harmonice mundi(邦訳『宇宙の調和』)にそれが収録されている。多数の数値群のなかから単純比例関係を丹念に調べて、公転周期と平均距離との対応関係を発見したのであり、「天文を志した当初からの年来の望みが達せられた」と述懐している。とはいえ、この書の他の部分は、宇宙の基調精神を調和に求め、とくに和声学の原則との類推において惑星運行の原理を力説している。この神秘的思考は空論に類するが、3法則に基づいて対数計算した惑星の位置予報は『ルドルフ表』(1626)の名で刊行され、遠洋航海に必要な航海暦の基となった。
 以上の著書のほか、『新星論』(1606)、『屈折光学』(1611)、『葡萄酒樽(ぶどうしゅだる)の新計量』(1615)、『彗星(すいせい)論』(1618)、『コペルニクス天文学概要』(1621)、『対数の理論』(1624)、『月天文学の夢』(遺稿)など、多くの業績を残したケプラーであるが、家庭生活には恵まれず、1611年に天然痘で妻と1子を失い、魔女嫌疑の老母の放免に奔走しなければならなかった。職場と住所も幾度かかわり、最後はワレンシュタイン侯のもとに未払いの俸給の請願に赴き、雪中、路上で死去した。[島村福太郎]
『藪内清・島村福太郎編・訳『世界大思想全集31 ガリレオ・ケプラー編』(1963・河出書房新社) ▽J・ケプラー著、渡辺正雄・榎本恵美子訳『ケプラーの夢』(1972・講談社/講談社学術文庫) ▽大槻真一郎・岸本良彦訳『宇宙の神秘』(1982/新装版・2009・工作舎) ▽岸本良彦訳『宇宙の調和――不朽のコスモロジー』(2009・工作舎) ▽A・ケストラー著、小尾信彌・木村博訳『ヨハネス・ケプラー』(1971・河出書房新社/ちくま学芸文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ケプラー
(Johannes Kepler ヨハネス━) ドイツの天文学者。コペルニクスの説を訂正し、「ケプラーの法則」を発見。その研究方法は近代の精密科学発展の基礎となった。著に「新天文学」「世界の調和」など。(一五七一‐一六三〇

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ケプラー
Johannes Kepler
1571〜1630
ドイツの天文学者
初め神学校に学ぶ。天文学に興味をもち,コペルニクスの地動説を信奉して神学を断念。師のティコ=ブラーエの記録や,火星の運動の観察から「ケプラーの惑星三法則」を発見した。プロテスタントであり,三十年戦争にあい,不遇のなかで死去した。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケプラー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケプラーの関連情報

関連キーワード

安土桃山時代(年表)ヌーネス=バレトナバレテ氏家卜全和田惟政サンアグスチン教会バル高山右近延暦寺焼打ち一乗谷(いちじょうだに)朝倉氏遺跡

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation