@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケラタン硫酸

栄養・生化学辞典

ケラタン硫酸
 ケラト硫酸ケラトポリ硫酸ケラタンポリ硫酸ともいう.等モルN-アセチルグルコサミン6-硫酸ガラクトースからなる多糖で,ウロン酸を含まない.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

けらたんりゅうさん【ケラタン硫酸】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

ケラタン硫酸
ケタランリュウサン
keratan sulfate

ケラト硫酸ともいう.N-アセチル-D-グルコサミンの C4 位にβ-D-ガラクトースが,またD-ガラクトースの C3 位にN-アセチル-D-グルコサミンが,互いにβ-グルコシド結合したポリマーを主成分とするグリコサミノグリカンの一種.硫酸基はグリコサミンの C6 位に結合する.軟骨または硬骨のケラト硫酸は上記構成成分のほかに少量のフコースシアル酸ガラクトサミンも含む.生体組織中ではタンパク質と結合し,ガラクトサミンを介してセリンまたはトレオニングリコシド結合する(ケラタン硫酸Ⅱ)か,グルコサミンを介してアスパラギンまたはグルタミンN-グルコシルアミン結合(ケラタン硫酸Ⅰ)をしている.硫酸基1.5~2分子を含むものをケラトポリ硫酸という.組織中ではコンドロイチン硫酸と共存している場合が多い.角膜中では全グリコサミノグリカンの約50% を占める.ヒト,ウシなどの髄核や椎間板,ヒトの動脈,ほ乳動物の肋軟骨,ウシ,クジラの鼻軟骨,サメ,そのほかの軟骨に含まれる.エタノール50~60% で沈殿+4.5~10°.分子量5~20×103.固有粘度0.2~0.5.[CAS 9065-36-4]

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケラタン硫酸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケラタン硫酸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation