@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケリー

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケリー
Kelly, Ellsworth
[生]1923.5.31. ニューヨーク,ニューバーグ
アメリカの画家,彫刻家。ボストン美術館付属美術学校,パリの美術アカデミーに学ぶ。フィラデルフィアの交通館 (1957) ,1964~65年のニューヨーク世界見本市のニューヨーク州パビリオンの彫刻を手がける。三原色などによる単純な形態の作品を特徴とする。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリー
Kelly, Gene
[生]1912.8.23. ペンシルバニア,ピッツバーグ
[没]1996.2.2. カルフォルニア,ビバリーヒルズ
アメリカ合衆国の舞踊家,映画俳優,振付家。本名 Eugene Curran Kelly。ピッツバーグ大学で経済学を学ぶ。1938年ニューヨークに行き,ブロードウェーのミュージカル『パル・ジョーイ』Pal Joey (1940) に出演したのを皮切りに『カバーガール』Cover Girl (1944) などのミュージカル映画に出演,振り付けも手がけるようになる。『踊る海賊』The Pirate (1948) ,『巴里アメリカ人』American in Paris (1951,アカデミー作品賞) などを経て,『踊る大紐育』On the Town (1949) ,『雨に唄えば』Singin'in the Rain (1952) などでは監督,振り付け,主役として活躍し,ミュージカル映画に不動の地位を築いた。そのほか,ミュージカル『フラワー・ドラム・ソング』FLOWER DRUM SONG (1958) を演出し,パリ・オペラ座バレエ団のためにジョージ・ガーシュイン作曲『神々の踊り』Pas de Deux (1960) の振り付けをした。1951年アカデミー賞名誉賞受賞。1960年レジオン・ドヌール勲章を受けた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリー
Kelly, George
[生]1887.1.16. フィラデルフィア
[没]1974.6.18.
アメリカの劇作家。ほら吹き男を主人公にした『見栄坊』 The Show-Off (1924) ,体面だけを重んじる妻が夫に捨てられる話を書いた『クレイグの妻』 Craig's Wife (25,ピュリッツァー賞) が代表作。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリー
Kelly, Grace
[生]1929.11.12. ペンシルバニア,フィラデルフィア
[没]1982.9.14. モナコ
アメリカの映画女優。フィラデルフィアの名門に生れる。モデル,ブロードウェーの舞台女優を経て,1951年映画界に入る。アメリカのスターにはまれな優雅さで,一世を風靡し,ヒッチコック監督が「セクシャル・エレガンス」と呼んで,好んで自分の作品に寵用した。引退するまで,都合 11本の映画に出演し,人気絶頂の 56年,モナコ公国のレーニエ大公 (→レーニエ3世 ) と結婚し引退,モナコ王妃となる。 82年自動車事故で死亡。おもな出演作品に『真昼の決闘』 (1952) ,『ダイヤルMを廻せ!』 (53) ,『モガンボ』 (53) ,『裏窓』 (54) ,『喝采』 (54,アカデミー主演女優賞) ,『泥棒貴族』 (55) ,『上流社会』 (56) ,『白鳥』 (56) などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリー
Kelly, Howard Atwood
[生]1858.2.20. ニュージャージー,カムデン
[没]1943.1.12. ボルティモア
アメリカの産婦人科医。数々の有用な診断器具の改良,考案で知られている。 1889~1919年ジョンズ・ホプキンズ大学の初代産婦人科教授として活躍し,同大学の世界的名声を高めた。また,フィラデルフィアにケンシントン婦人病院,ボルティモアにケリー病院を創立。アメリカで最初に癌治療にラジウムを,局所麻酔にコカインを使った。子宮を腹壁に固定して後屈を治療する手術を考案したほか,彼によって改良された膀胱鏡,直腸鏡はケリー鏡,動脈鉗子はケリー鉗子と呼ばれている。『婦人科手術』 Operative Gynecology (2巻,1898,1906) ほか多くの著書がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリー
Kelly, Ned
[生]1855.6. ビクトリア,ビバリッジ
[没]1880.11.11. メルボルン
19世紀のオーストラリアで最も著名な無法者。本名 Edward Kelly。 1877年ビクトリア植民地で馬を盗んだために追われ,ニューサウスウェールズ植民地に逃れたが,翌年同じく逃亡犯人だった兄と他の2名を率いてギャング団をつくり,78~80年ビクトリアとニューサウスウェールズで次々と強盗を働いた。 80年6月グレンローワンの町を乗取ったが,警察に包囲されて逮捕され,メルボルンの刑務所で絞首刑となった。その後なかば伝説化され,大土地所有者に対する労働者の戦いの化身とされた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケリー(Grace Kelly)
[1928~1982]米国の映画女優。知的で格調の高い演技と美貌で人気を博した。1956年にモナコ国王と結婚。自動車事故で死亡。「喝采(かっさい)」「泥棒成金」「上流社会」などに出演。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリー(Gene Kelly)
[1912~1996]米国のダンサー・映画俳優。ダンサーとしてブロードウエーで活動、のち映画界に転身。ダイナミックなダンスで人気を博し、脚本や監督にも進出した。出演作「雨に唄(うた)えば」「巴里(パリ)のアメリカ人」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ケリー Cary, Otis
1921-2006 アメリカの日本文化研究者。
明治11年来日したO.ケリーの孫。大正10年10月20日父が宣教師をしていた北海道小樽市に生まれる。アメリカにもどり1942年太平洋戦争に従軍,日本人捕虜収容所長となる。昭和22年同志社大教授。平成8年帰国。平成18年4月14日死去。84歳。アマースト大卒。著作に「日本の若い者」「ジープ奥の細道」など。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ケリー Kelly, Harry Charles
1908-1976 アメリカの物理学者。
1908年9月3日生まれ。昭和21年連合国最高司令官マッカーサーの科学顧問として来日。GHQ科学技術課次長となって日本の科学技術行政の改革をすすめ,24年日本学術会議を発足させる。25年アメリカから放射性同位元素を輸入,仁科芳雄の研究を支援した。1976年2月2日死去。67歳。ペンシルベニア州出身。リーハイ大卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ケリー Cary, Otis
1851-1932 アメリカの宣教師。
1851年4月20日生まれ。アメリカン-ボードから派遣され,明治11年(1878)来日,岡山で伝道。25年京都にうつり,同志社神学校教授。神戸女学院初代理事長もつとめた。大正7年帰国。著書「A History of Christianity in Japan」は日本キリスト教史の貴重な資料とされる。1932年7月23日死去。81歳。アンドーバー神学校卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ケリー【Florence Kelley】
1859‐1932
アメリカの社会改革家。社会主義運動を経て,ジェーン・アダムズのハル・ハウスでセツルメント活動に身を投じ,その後1899‐1932年,全国消費者同盟書記長として消費者運動を指導した。特に若年労働の廃止,女性労働者保護などの社会立法のために尽力したが,人種差別撤廃,婦人参政権,世界平和などの運動においても活躍。完全な男女の平等を保障する平等権修正(ERA)には,女性労働者の保護を損なうとして反対した。【有賀 夏紀】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ケリー【Grace Kelly】
1928‐82
アメリカの映画女優。モナコ王妃。ペンシルベニア州フィラデルフィア生れ。〈クール・ビューティー〉といわれた清楚(せいそ)な美貌で1950年代のハリウッドを代表するブロンドの美人女優として一世をふうびした。とくに〈ブロンドには女の神秘がある〉というアルフレッド・ヒッチコック監督の理想的ヒロインとして《ダイヤルMを廻せ!》《裏窓》(ともに1954),《泥棒成金》(1955)で,ヒッチコックが〈セクシュアル・エレガンス〉と呼び,また〈雪をかむった噴火山〉にたとえた,内に秘めたセックスアピールを発揮した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ケリー【Ned Kelly】
1855‐80
19世紀のオーストラリアに続出したブッシュレンジャー(追剝)の一人。本名はエドワードEdward。ネッドはエドワードの愛称。アイルランド人流刑囚の息子だったため最初から色眼鏡で見られていたうえ,オーストラリア開拓史特有の大牧場主(スクオッター)と貧しい小農場主(セレクター),移動労働者との対立にまきこまれ,家族ともども家畜泥棒として頻繁に逮捕された。1878年母親まで逮捕されるに及んでビクトリア州北東のウォンバット山中にこもり,いわゆる〈ケリー・ギャング〉を結成,警官殺害,銀行襲撃など一連の犯行を重ねたが,80年6月,警官隊と銃撃戦の末,負傷して逮捕され,11月メルボルンで絞首刑にされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ケリー【Kelly】
〔Gene K.〕 (1912~1996) アメリカの映画俳優。ハリウッドのミュージカル映画を代表するスターとして F =アステアと並び称される。代表作「踊る大紐育」「巴里のアメリカ人」「雨に唄えば」「魅惑の巴里」「ザッツエンターテイメント」など。
〔Grace K.〕 (1928~1982) アメリカの映画女優・モナコ公国王妃。「真昼の決闘」「裏窓」「喝采」「泥棒成金」「白鳥」「上流社会」などで清楚な気品と美貌をうたわれる。望まれて王妃となる。事故死。
〔Petra K.〕 (1947~1992) ドイツの政治家・市民運動家。ヨーロッパ共同体職員を経て、1980年緑の党を結成、代表。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケリー」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケリーの関連情報

関連キーワード

島津保次郎溝口健二衣笠貞之助村田実内閣総理大臣奥健蔵前田河広一郎有島武郎イノニュ帰山教正

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation