@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケルビン【けるびん】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケルビン(温度の単位)
けるびん
kelvin
国際単位系(SI)の温度の単位で、基本単位。記号はKである。水の三重点(水と水蒸気と氷が共存する状態の温度で、0.01℃)の熱力学温度(絶対温度と同じ)の273.16分の1と定義され、温度にも温度差にも用いる。1968年の国際度量衡総会で定められた。目盛の間隔はセルシウス度(℃、摂氏度)と同じで、目盛値ではセルシウス度と273.15の差がある。熱力学温度Tとセルシウス度tとの関係は、次のとおりである。
Tt+273.15
 名称はイギリスの物理学者ケルビンにちなむ。[小泉袈裟勝・今井秀孝]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケルビン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケルビンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation