@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケンペル

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケンペル
Kämpfer, Engelbert
[生]1651.9.16. ウェストファリア,レムゴー
[没]1716.11.2. スタインホフ
ドイツの医者,博物学者。東洋研究を志し,オランダ東インド会社の船医となって 1689年バタビアに渡り,翌年,オランダ商館長となったアウトホールンに随行して長崎に赴任,元禄5 (1692) 年 10月まで2年余日本に滞在した。その間 91年と 92年の2回,商館長の江戸参府に従い,日本の歴史,社会,政治,宗教,動植物などを総合的に観察記録し,またみずから絵筆をとりスケッチも多く行なった。 93年アムステルダムに帰着,故郷のレムゴーに戻り,領主アドルフ伯の侍医となって,資料の整理,著述に従った。 1712年にいわゆる『廻国奇観』をラテン語で出版し,好評を博したが,それから4年後 66歳の生涯を閉じた。彼は生前に日本の歴史に関する大著を完成していたが出版されず,26年ロンドンで英訳され,"The History of Japan"として出版された。その後フランス,オランダ,ドイツなどでも出版された。当初『廻国奇観』に載り,ドイツ語版『日本志 (日本誌) 』に収録された『鎖国論』は,早くから日本でも,志筑忠雄邦訳異人恐怖伝』によって思想界に影響を及ぼし,邦訳された『江戸参府紀行』 (『異国叢書』所収) にも収められている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケンペル(Engelbert Kämpfer)
[1651~1716]ドイツの医学者。1690年、オランダ東インド会社医師として来日、2年間滞在。日本の歴史・政治・社会・宗教地理動植物などを「日本誌」「江戸参府紀行」などに著述

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

ケンペル Kämpfer, Engelbert
1651-1716 ドイツの博物学者,医師。
1651年9月16日生まれ。元禄(げんろく)3年(1690)長崎出島のオランダ商館長付医師として赴任。約2年間の滞日中に2回江戸参府に随行する。日本での地理,風俗,動植物などの観察記録をもとに「廻国(かいこく)奇観」「日本誌」をあらわした。1716年11月2日死去。65歳。レムゴー出身。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

ケンペル【Engelbert Kaempfer】
1651‐1716
江戸中期に来日したドイツ人博物学者兼医者。ダンチヒクラクフ,ケーニヒスベルク,ウプサラなどの各大学で博物学および医学を修めたのち,スウェーデンの大使館書記官に採用され,ペルシア派遣使節に従って,ロシア経由でペルシアにおもむいた。この間,各地の博物および政治,地理,歴史などの知識を得た。さらに東方諸国に関心を抱き,1686年オランダ東インド会社に船医として入社,89年(元禄2)バタビアに着き,翌年,新日本商館長コルネリウス・アウトホールンに従って商館付医師の資格で日本に来朝,92年10月まで滞留した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ケンペル【Engelbert Kämpfer】
1651~1716 ドイツの医者・博物学者。1690年蘭館医として来日。日本の国情および動植物について観察や採集を行なった。92年離日。著「廻国奇観」「日本誌」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケンペル
けんぺる
Engelbert Kmpfer
(1651―1716)
ドイツの医者、博物学者。レムゴーに牧師の子として生まれ、ダンツィヒ、クラクフ、ケーニヒスベルク、ウプサラなどの大学で医学、博物学を修めた。スウェーデンのペルシア派遣使節の書記として1683年から1685年までペルシアに滞在、その国情を観察。さらに東洋研究を志し、オランダ東インド会社の船医となり、1689年バタビア(ジャカルタ)に赴き、1690年(元禄3)日本商館長オートホールンCornelis van Outhoorn(1635―1708)付き医師として来日、1692年10月まで滞在した。この間、1691年と1692年の2回、商館長の江戸参府に随行し、日本の歴史、社会、政治、宗教、動植物などを総合的に観察し、記録した。得意な絵筆をとって挿絵も準備した。帰国後、故郷レムゴーの領主の侍医となり、かたわら著述に励み、晩年はその完成と出版に没頭した。1712年に出版された『廻国奇観(かいこくきかん)』は西洋思想界に好評を博し、故郷に近いステインホフでその生涯を閉じた。著書『日本誌』は外国人による日本研究の白眉(はくび)とされ、そのなかの「鎖国論」などは早くから紹介され、日本の思想界に大きな影響を与えた。[片桐一男]
『ケンペル著、斎藤信訳『江戸参府旅行日記』(平凡社・東洋文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ケンペル
(Engelbert Kämpfer エンゲルベルト━) ドイツの博物学者、医師。元祿三年(一六九〇)オランダ東インド会社の医官として二年間長崎商館に在任、その間二度江戸に参府。帰国後、日本の社会・政治・宗教・地理を観察した「廻国奇観」「日本誌」を著わし、ヨーロッパ人の日本に対する関心を高めた。(一六五一‐一七一六

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

ケンペル
Engelbert Käempfer
1651〜1716
江戸前期に来日したドイツの医師・博物学者
オランダ東インド会社の医師として1690年来日。オランダ商館長(甲比丹 (カピタン) )に随従して2回江戸参府を行った。'92年帰国後著述に専念,『日本誌』を著し,日本の見聞を紹介した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケンペル」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケンペルの関連情報

関連キーワード

コルネイユ(Pierre Corneille)徳川家光テニールス堀田正盛丸橋忠弥由比正雪丸橋忠弥徳川家光由井正雪・由比正雪

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation