@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ケージ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ケージ
Cage, John
[生]1912.9.5. ロサンゼルス
[没]1992.8.12. ニューヨーク
アメリカの作曲家。作曲を,主としてシェーンベルク,H.カウエルに学ぶ。 1936~38年シアトルで教鞭をとりながら,打楽器のみによるアンサンブルを組織。 38年プリペアード・ピアノ (弦の間にボルトなどをはさむことによって多様な音色に変化させるピアノ) を創始。その後「禅」や「易」に凝るなど独自の音楽思想に基づき話題作を次々と書き,52年『4分 33秒』,54年『34分 46・766秒』と題した作品を発表,音楽に偶然的要素を導入し,ヨーロッパの作曲界に大きな影響を与えた (→偶然性の音楽 ) 。 M.カニンガム舞踊団の音楽監督としても有名。アメリカ作曲家連盟に所属。代表作はほかに"Imaginary Landscape No.4" (1951) ,『ピアノオーケストラのためのコンサート』 (57~58) ,"Variations I" (58) など。主著"Silence" (61) ,"A Year from monday" (67) 。 62年以降たびたび来日した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ケージ(cage)
鳥獣を閉じ込めておくもの。檻(おり)。かご。
エレベーターで、人や荷物をのせて昇降する箱状の室。
野球で、移動式の防護金網。「バッティングケージ
バスケットボール・アイスホッケーなどのゴール

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)

ケージ
アメリカ合衆国の作曲家。プリペアード・ピアノを創始したことで知られている。アードルフ・ヴァイスやカウエル、シェーンベルクらに師事した。打楽器合奏団の組織、舞踏団との連携、音響技術者とのグループの結成 ...続き

出典:(社)全日本ピアノ指導者協会

世界大百科事典 第2版

ケージ【John Cage】
1912‐92
アメリカの作曲家。1950年代より〈偶然性の音楽〉によって欧米の前衛的作曲家に大きな影響を与えた。カウエル,シェーンベルクに学んだ後,1930年代末より打楽器アンサンブルを組織し,カリフォルニアを中心に演奏活動を行う。1942年にはニューヨークに移るが,この前後はM.カニンガムらのためのダンス音楽として,独特のリズム構造をもった,打楽器,弦にボルトや消しゴムを挟んだプリペアード・ピアノのための佳作を書いた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

けーじ【ケージ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ケージ
けーじ
John Cage
(1912―1992)

アメリカの作曲家、哲学者。ロサンゼルス生まれ。1930年代には半音階的な作品を残したが、40年代に入るとマース・カニンガムらのモダン・ダンスのグループと仕事を始め、打楽器、プリペアド・ピアノの作品を残す。50年代には『易の音楽』(1951)、『四分三三秒』(1952)に代表される禅や易思想を背景とした偶然性の音楽に向かい、世界的な名声と中傷を集める。テープ作品『イマジナリ・ランドスケイプ第5番』(1952)、コンピュータ作品『HPSCHD』(1965)、どんな演奏形態も可能な『バリエーションズⅠ』(1958)、サティの原曲を易によって組み替えた『チープ・イミテーション』(1969)などにおいて、図形楽譜、コンタクト・マイク、スピーカー利用といった新たな音楽世界を創造する。主著『沈黙』(1961)に盛り込まれた音楽・芸術思想は多くの反響をよび、第二次世界大戦後の音楽界で重要な位置を占めている。

[細川周平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ケージ
〘名〙 (cage)
① 鳥、特にニワトリを飼育するための鳥かご。
② エレベーターで、人を乗せて昇降する箱状の室。
③ 巻上機で綱につるされ、鉱車、人、荷物などを乗せて昇降する台わく。
④ 粉砕機で、ねずみ車状の粉砕装置。二つのねずみ車状のものを同心円上に重ね、互いに逆回転させて鉱石などを粉砕するもの。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケージ
(John Cage ジョン━) アメリカの作曲家。仕掛けのあるピアノ、騒音、あるいは禅や易などの東洋思想を取り入れて独自の音楽世界を創造し、現代音楽のみならず芸術全般に影響を与えた。作品に「易の音楽」「イマジナリ・ランドスケイプ第五番」、主著に「沈黙」など。(一九一二‐九二

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ケージ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ケージの関連情報

関連キーワード

牧野省三白瀬矗光の科学史[各個指定]工芸技術部門ヤマサキバーブ大正准州ジゴマバルカン戦争

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation