@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゲイ-リュサック【ゲイリュサック】

化学辞典 第2版

ゲイ-リュサック
ゲイリュサック
Gay-Lussac, Joseph Louis

フランスの化学者,物理学者.1797年エコール・ポリテクニークに入学し,卒業後,土木橋梁学校に入ったが,C.L. Berthollet(ベルトレ)に注目され,助手となった.のちに,エコール・ポリテクニークの化学教授となる.1801年から翌年にかけて,気体の体積と温度との関係を精密に測定し,いわゆるシャルルの法則を確立し,膨張率を1 ℃ につき0 ℃ のときの体積の1/266.66とした.1804年軽気球に乗り,空気の採取などの科学的調査を行った.1805年Alexander von. Humboldtと一緒に精密な実験を行い,水素気体と酸素気体は,2:1に非常に近い体積比で結合して水になることを確かめた.3年後には,ほかの気体どうしの反応を調べ,気体反応の法則を確立した.1806年フランス学士院会員(物理学部門)に選ばれた.パリに大学レベルの理学校(faculté des sciences)が創設された際,物理学教授に就任したが,1832年には辞任して,自然史博物館の化学教授になった.かれは,化学工業にも関心をもち,鉛室法による硫酸製造の際に生じる酸化窒素回収のため,ゲイ-リュサック塔を考案した.さらに,それまで主流であった重量分析に対し,容量分析法を確立し,そのための道具(ピペットビュレットなど)を考案した.何度か国民議会の代議員に選ばれ,1839年には上院議員に任命された.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲイ-リュサック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲイ-リュサックの関連情報

関連キーワード

ティーク蔀関月アーガー・ムハンマドウルストンクラフトレオーベンの仮条約ウルストンクラフトケルキラ島ラグランジュ零梅世知弁・世智弁

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation