@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゲラダヒヒ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゲラダヒヒ
Theropithecus gelada; gelada monkey
霊長目オナガザル科。1属1種。体長 70cm,体重 20kgほどであるが,は雄の約半分の大きさしかない。は長く (体長よりいくらか短い程度) ,先端に総毛がある。胸部ハート形の毛のない部分があり,雄にはにマント状のたてがみがある。前後肢はほぼ同長。普段は一夫多妻を基本とした家族単位の群れ (ユニット) で昼間活動する。また複数の群れが1つのバンドと呼ばれる社会を構成しており,ときに集合して 300~400頭に達することが知られている。地上で生活し,ほとんど木には登らない。エチオピア山岳部の多い谷に沿って分布する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゲラダヒヒ【gelada baboon】
エチオピア高原に生息する霊長目オナガザル科の旧世界ザル(イラスト)。手足が黒いほかは全身褐色の毛で覆われており,雄の肩には長いマント状の毛が垂れている。顔は黒褐色で,まぶたの部分だけが白い。雄の胸には三角形の毛のない赤い部分があり,雌の胸にはいぼ状に突出した肉のかたまりがネックレス状に並んでいる。発情するとこれらの出した部分が紅潮する。頭胴長は雄で約70cm,雌で約55cm。尾長は頭胴長の約70%。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゲラダヒヒ
げらだひひ
gelada baboon
[学]Theropithecus gelada
哺乳(ほにゅう)綱霊長目オナガザル科の動物。エチオピア北部の標高2000メートル以上の高地草原にすむ。雄は体長70センチメートル、尾長60センチメートル、体重20キログラムになり、雌は小形である。全身褐色の毛で覆われ、雄の肩にはマント状の長毛が発達している。雄の胸にはハート形の無毛の部分があり、雌では頸(くび)から胸にかけて丸い肉塊がネックレス状に並んでいる。発情するとこれらの皮膚の赤みが増す。
 夜は断崖(だんがい)の岩棚で眠り、日中は崖(がけ)の上の草原に出て遊動する。イネ科植物、葉、茎、根を主食にし、昆虫も食べる。1頭の雄と数頭の雌を含む2~25頭のワンメール・ユニットが基本的社会単位で、繁殖集団でもある。いくつかのユニットと、それに所属していない雄たちが、より上位の集団(ハード)を形成する。各ユニットは、遊動中は独立性を維持し、離合集散を繰り返しながらも、ハードの遊動域を共有している。このような重層的な社会構造は、マントヒヒの社会とともに、ヒト以外の霊長類ではまれな例として注目される。[川中健二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲラダヒヒ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲラダヒヒの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation