@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゲリラ戦【ゲリラせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゲリラ戦
ゲリラせん
guerilla warfare
遊撃戦とも呼ばれる。優勢な軍事力をもつ正規の軍隊に対して,劣勢な不正規兵力による戦争方式。奇襲によって敵に損害を与え,補給路を脅かし,敵が集中的威力を発揮する前に姿を消して打撃を免れる。通常の野戦や拠点,都市の攻防戦では原則的に優者が勝ち,劣者が敗れる。そこである期間,局所優勢を得るため,通常は村落,山岳,ジャングルにひそみ,好機に奇襲を行なって,相手に打撃を与え,すみやかに村落,山岳,ジャングルの中に姿を隠すことによって,優勝劣敗の適用から免れようとするもの。古来この種の戦法は戦力的に劣勢な場合に行われていたが,ナポレオン戦争におけるスペインの抵抗戦は有名で,この抵抗戦のことを「小戦争」を意味するスペイン語のゲリリャ guerrillaと呼び,小戦争を戦う者をもゲリラと呼ぶようになった。これを体系化したのがレーニンで,革命戦にいわゆるパルチザン戦法をとった。毛沢東は彼独自の遊撃戦論を展開し,対国民政府戦,および抗日戦で,大いに相手を悩ませた。第2次世界大戦中のユーゴスラビアのパルチザン,大戦後の対仏インドシナ戦争,キューバ革命,ベトナム戦争など,ゲリラ戦が大いに成功した例である。しかしゲリラ戦単独で最後の勝利を得た例はほとんどない。最終的には外国軍隊の援助により,あるいは外国からの兵器,装備の援助によって大兵力の養成に成功し,正規大部隊の戦闘によって相手を打倒している。通常,ゲリラ戦が成功するには,作戦地域住民の支持と抑圧者や侵略者に対する憎悪が存在すること,ゲリラ活動に有利な地理的・風土的・社会的条件が存在することなどが最低限必要とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

げりらせん【ゲリラ戦】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ゲリラ‐せん【ゲリラ戦】
〘名〙 小部隊で敵のすきをうかがい、小戦闘や奇襲をくり返して、敵をかき乱す戦法。遊撃戦法。ゲリラ。〔国民百科新語辞典(1934)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲリラ戦」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲリラ戦の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation