@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゲルろ過【ゲルろか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゲルろ過
ゲルろか
gel filtration
ゲル浸透クロマトグラフィー gel permeation chromatographyともいう。分子を大きさに従って分取する分析方法の一つで,とりわけ蛋白質,核酸など高分子物質について,広く用いられる。原理としては,三次元の網目構造をもつゲル粒子を詰めたガラス円筒 (カラム) をつくり,この上端から少量の試料を通過させると,小型の分子はゲルの網目の内部までもぐり込むので行程が長くて,遅れてカラム下端から溶出し,これに対して大型の分子は網目内に入らず,粒子の間隙のみをすり抜けてくるので,溶出が早いことによる。溶出順序は単なる分子量や分子の体積のみによるのでなく,細長い形状をしていて回転半径 (ストークス半径) の大きい分子は,ゲル内部に入りにくいので,同じ分子量で球形の分子よりも早く溶出する。ゲルは多糖類 (デキストラン) などを材料とすることが多く,この材料物質に対して吸着力のある物質の分子は,溶出が著しく遅れる。これらの例外にもかかわらず,多くの物質については分子量の順序に分離して溶出し,操作が簡便なので,分子量の推定や成分の分析,試料の調製に用いられる。用いられるゲルの製品は,開発者であるスウェーデン,ファルマシア社のセファデクスやセファロースが代表的であるが,バイオゲルなど他社の製品も用いられる。分析する分子量の範囲に応じて,ゲルには各種の規格がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲルろ過」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲルろ過の関連情報

関連キーワード

サイズ排除クロマトグラフィージョージアの要覧ゲレンデスキーゲレンデマジックパルスフィールドゲル電気泳動PFGE法ペプチゼーションコロフォーム組織パラゴナイトGEL-FUJI ATTACK

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation