@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゲルマン法【ゲルマンほう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゲルマン法
ゲルマンほう
Germanic law
ゲルマン民族の固有法。一口にゲルマン民族の固有法といっても,その定住した地域,前1世紀頃のゲルマニアの時代から中世末までの時代の長さからも察せられるように,一つの国家の統一的法体系ではない。ゲルマンの大移動直後に,ローマ文化に触発されて立法された中世初期のゲルマン諸部族法典,中世盛期のドイツ法書ワイストゥーム (判告集,荘園法記録) ,フランス中世の慣習法記録などを有力な法源とする。またイギリス法史上の諸法源や北ヨーロッパ中世の法書,法典も重要である。ゲルマン法はムントゲベーレに典型的にみられるような超個人主義的な団体主義を基調として,慣習法の優位,法と道徳,法と権利,私法と公法の融合・未分化,象徴主義,方式主義を特色とする。また,一般的に,ゲルマン法は,法曹法,都会法,商人法として特徴づけられるローマ法と対照されて,民衆法,農村法,農民法と称される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゲルマン‐ほう〔‐ハフ〕【ゲルマン法】
ゲルマン民族の古法。ローマ法と並んでイギリス・ドイツ・フランスなどの諸国法の基礎となった。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゲルマンほう【ゲルマン法 germanisches Recht】
ゲルマン人の古法を指すが,この概念は伝統的なドイツ法史学において特有の用いられ方をしてきた。そこでは,ドイツ法の根源はゲルマン法にあり,ドイツ法史は中世の末にいたるまでゲルマン的特徴を帯びており,〈ローマ法の継受〉によって初めてこの点に転換が生じたという基本的前提がとられている。こうした考え方が生まれたのは,16世紀のことで,15世紀に写本が発見,刊行されたタキトゥスの《ゲルマニア》を主たる材料としたゲルマン人像の形成,1530年と57年におけるゲルマン諸部族法典の最初の活字本の公刊などがなされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゲルマン法
げるまんほう
germanisches Recht ドイツ語

一般にゲルマン人の固有法の意味で用いられる。ゲルマン法という概念がローマ法との対比で意識され始めたのはすでに17世紀にさかのぼる。しかしそれが顕著になってきたのは、フランスの七月革命の影響で自由主義的ドイツ統一運動が高揚し、1830年代末からゲルマニステンの一大運動が盛り上がったときであった。ゲルマニステンの機関誌『ドイツ法およびドイツ法学雑誌』の創刊(1839)、ゲルマニステン会議の開催(1846、47)があり、この会議でパンデクテン法学に対抗して、ドイツ普通法gemeines Rechtはローマ的要素とゲルマン的要素が混合したものであるとされた。これをきっかけとしてゲルマン的要素の研究が進められ、やがて時代を超越した概念としてのゲルマン法という形でドイツにおけるゲルマン的要素の一面的強調、ローマ的要素を排除すべきであるとの考え方が生まれ、これがナチス法学に受け継がれた。したがってゲルマン法という概念はそれほど明確なものではなく、(1)古ゲルマン時代の法、(2)ゲルマン人に共通の法、(3)ドイツに固有の法、というように種々の用いられ方をしており、はたしてこれがヨーロッパ法を明らかにするのに有効な概念であるのかどうかは疑わしい。有効であるとすれば、古ゲルマン時代の法の場合であろう。

 民族大移動のころのゲルマン各部族はそれぞれ慣習法によって生活していた。そのなかで現在のポーランド西方に住んでいた西ゲルマン人は、その移動によってヨーロッパ各地に彼らの慣習法をもたらした。アングロ・サクソンはイギリスに渡り、ヨーロッパ大陸ではいくつかの部族がローマ法文化とキリスト教の影響を受けて法典をつくったり、あるいは自分たちの慣習法を採録した法典や法書をつくった。これらの部族の法は中世盛期になると行われなくなったが、各地方の慣習法として定着した。ドイツでは、中世の中ごろにローマ法(ユスティニアヌスの法)が継受され、これが教会法と一体となって(ローマ・カノン法)、ドイツ普通法となり、慣習法の補充的役割を与えられるようになった。しかし慣習法は、依然として農村(地域)において維持され、ローマ・カノン法と補い合って、あるいは対立して中世法を形成していた。19世紀のゲルマニステンの主張は、このような農村(地域)法をゲルマン法としてとらえ、ドイツ民法典にこれらの法の仕組みを導入するよう要求したものである。その一つの例としてゲベーレをあげることができる。

[佐藤篤士]

『平野義太郎著『民法におけるローマ思想とゲルマン思想』(1924・有斐閣)』『世良晁志郎著『ゲルマン法の概念について』(『歴史学方法論の諸問題』所収・1973・木鐸社)』『コーイング著、上山安敏監訳『ヨーロッパ法文化の流れ』(1983・ミネルヴァ書房)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゲルマン‐ほう ‥ハフ【ゲルマン法】
〘名〙 原始ゲルマン人の間で行なわれた法。ローマ法と並んで、英・独・仏法の基礎となっている。慣習法主義、象徴主義、公法と私法の未分離、団体主義などを特色とする。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

ゲルマン法
ゲルマンほう
germanisches Recht
ゲルマン諸部族の法典
5〜6世紀以来,ゲルマン諸部族で編集された法典で,従来の慣習法を成文化したもの。中世封建社会期の法書なども含まれる。ローマ法が法曹法・都市法・商人法といわれるのに対して民衆法・農村法といわれ,近代西欧諸国の法律の2大源流とされている。フランク族の『サリカ法典』『リブアリア法典』や,『アラマン法典』『西ゴート法典』などが有

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲルマン法」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲルマン法の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation