@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゲル濾過【げるろか】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ゲル濾過
げるろか
分子量の違いにより物質を分離するのに使われる技法で、ゲルクロマトグラフィー、分子篩(ふるい)濾過ともいう。濾過担体として用いられるゲルには、デキストランゲル、ポリアクリルアミドゲル、寒天、アガロースゲルなどがある。これらのゲルは分子間架橋などにより微細な網目構造を有するため、ガラス管に詰め試料溶液を流し込むと、低分子溶質は網目構造に入り込むが、網目より大きな溶質はそのまま流出する。小分子ほど網目の奥に入りやすく、より大きな分子は入りにくいので、多量の緩衝液を流すと分子量の大きさの順に溶質が溶出してくる。各種サイズの網目構造をもつゲルが市販されており、各種物質の分離精製に欠くことのできない技術である。[嶋田 拓]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

ゲル濾過
ゲルロカ
gel filtration

種々のゲルを担体に用い,分子ふるい効果を利用して濾過する方法.一般に,低分子の溶質は,ゲル粒子の網目状構造体中に入り込み,拡散に時間がかかる.大きな溶質分子はゲル網目状構造中に入り込めないため,速く流出する.この性質を利用して,高分子分子量を分別する方法をゲル浸透クロマトグラフィーという.ゲル濾過剤としては,三次元構造をもつセファデックスのほか,ポリアクリルアミドゲルや寒天ゲルなども使用される.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲル濾過」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲル濾過の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation