@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ゲート【げえと】

デジタル大辞泉

ゲート(gate)
門。出入り口。
水門。「ダムのゲート
競馬場で、スタート時に馬を入れていっせいに発馬できるようにした仕切り。
電界効果トランジスタ(FET)の電極のうち、電流通路のコンダクタンスを制御する電極。
入力信号を切断したり接続したりする電子回路。コンピューターなどでは、アンドオアなどの論理演算を行う回路。論理ゲート。→論理回路

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ゲート
gate
潮の逆流防止や悪水排除,舟運などのために,堤防を切って設けられる調節可能な門をゲートまたは水門と呼ぶ。水量の調節をはかるために,ダムの上部にその一部を切り開いて設けられるものもある。また,灌漑,上水道などの用水の取入れのために,河川直角に川を横断して設けるものを堰と呼び水位流量が調節可能な可動堰に用いられる構造物もゲートと呼ばれている。ゲートには,上下に動かすスルースゲート sluice gate,断面が弧形で,中心軸のまわりに回転しながら開閉するテンターゲート Tainter gate,その他ローリングゲート,起伏ゲート,フラップゲートなど,形のうえからも多くの種類がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲート
gate
水門の開閉によって水量を調節することから,半導体素子において,主電流や主電圧を制御するための信号を加える電極をいう。電界効果トランジスタ FETではゲートに加える電圧を変化させることにより,ソースドレイン間に流れる電流を制御し,サイリスタではゲートに加える電流によって負性抵抗特性が開始するブレークオーバー電圧を制御する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゲート
〘名〙 (gate 「門」の意)
① 出入り口。関門。
※春の城(1952)〈阿川弘之〉二「芝生に鉄のゲートを立てると」
② 在日米軍、自衛隊の基地の出入口。
※カクテル・パーティー(1967)〈大城立裕〉前「ゲートをはいると、きれいに舗装された道が二手にわかれて」
③ 飛行場で、乗客の乗降口。
※アメリカひじき(1967)〈野坂昭如〉「満面笑み浮かべた日本人旅行客〈略〉どやどやとゲートからあらわれ」
④ 競馬場でスタートの瞬間まで馬を入れておく仕切。スタートの合図でいっせいに開く。
⑤ ダム、水路の水門。
⑥ 有料道路の料金徴収所の、車両の通路。
※銀座二十四帖(1955)〈井上友一郎〉一二「小さなゲートの下で、ちゃんと十円の釣り銭を用意して立っていた係員に」
⑦ 電界効果トランジスタの電極。
⑧ コンピュータの中央処理装置などを構成する論理回路。いくつかの入力信号に対して、ただ一つの信号を出力する。ゲート回路。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゲート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ゲートの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation