@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コア・カリキュラム【コアカリキュラム】

日本大百科全書(ニッポニカ)

コア・カリキュラム
こあかりきゅらむ
core curriculum
1930年代以降、アメリカ合衆国で提唱された教育課程(カリキュラム)の形態。教科の生活化・統合を意図したものであって、一般に、子供の生活上の問題を解決するための単元学習からなる「中心課程(コア)」と、それを支えるものとしての専門分化した体系的な知識、芸術、技術の習得を目的とする「周辺課程」とから構成されている。代表的なものにバージニア・プラン、カリフォルニア・プランがある。日本でも第二次世界大戦後、アメリカの影響のもとで、コア・カリキュラム連盟を中心に研究と試行が活発に行われたが、1950年代、経験主義教育論の勢いが衰えるにつれ、科学主義・系統主義の教科カリキュラムに押されて後退していった。しかし1990年ごろから学習や生活の断片化・抽象化、人格発達上の問題が指摘されるようになり、子供の生活課題にこたえる総合的な学習を教育課程の中軸に組織する意義が説かれ、ふたたび注目を集めるようになった。[森分孝治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コア・カリキュラム」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コア・カリキュラムの関連情報

関連キーワード

CoreCore iCore iOS X LionAtomCore i5Core i7/i5/i3Core 2 DuoCore iClarkdale

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation