@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コア

パソコンで困ったときに開く本

コア
中核」の味で、CPU内の計算を行う心臓部のことです。近年では、ひとつのCPUに複数のコアを持ち、一度に複数のデータ処理を行う「マルチコア」が主流です。CPUにはコアだけでなく、一時的にデータを蓄えるキャッシュなどいろいろな回路が内蔵されており、従来別のチップだったチップセットの機能や、GPUを内蔵するものもあります。
⇨CPU、GPU、キャッシュ、デュアルコア

出典:(株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本

デジタル大辞泉

コア(core)
物の中心部。中核。核心。
地球の
鋳物の中空部分をつくるための鋳型中子(なかご)。
物の芯に鉄を入れたもの。鉄心
コアシステムの建築物で、共用施設をまとめた部分。
地層ドリルなどでくり抜いて採取した、堆積土のサンプル。過去に発生した地震・津波、気候変動などを研究する。
磁心(じしん)
体の主要部分。胴体のこと。また、その部分にある筋肉。体幹。「コアマッスル」
[補説]1は、近年、「コアなファン」のように、対象の中核まで深く理解・追求しようとするところから、「熱心な・徹底した・本格的な」などの意で使われることがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

パラグライダー用語辞典

コア
サーマルの核となる部分で、一番上昇成分が強い。仮に風が全く無い状態でサーマルが発生すると、コアは巨大な球状サーマルの中心部分になる。しかし、実際には風で流されている事が殆どで、サーマルはその風に応じて変形しており、同時にコアの位置も変わっている。このサーマルのコアをいかに上手くつかむか(上手く乗る事が出来るか)がサーマルソアリングの大切なポイントのひとつである。

出典:
Copyright (C) 2010 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の企業がわかる事典2014-2015

コア
正式社名「株式会社コア」。英文社名「CORE CORPORATION」。情報・通信業。昭和44年(1969)「株式会社システムコア」設立。平成9年(1997)現在の社名に変更。本社は東京都世田谷区三軒茶屋。システム開発会社。携帯電話・情報家電向け組み込みソフトウェア開発が主力。金融向けシステム開発に実績。電子テロップなど自社開発製品の販売も手がける。東京証券取引所第1部上場。証券コード2359。

出典:講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こあ【コア】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コア
core
石油探鉱の際,コア掘り用のビット (コアビット) で掘削して破砕されなかった中心部分の地層の円柱形をしたもの。地下における地層の状況をそのままの姿で知ることができるので,特に試掘探掘においては重要な深度のところでコアを採取することが多い。コア試験 (検査) により得たデータは地質構造,油,ガス層の位置,規模の推定,埋蔵量評価と油層挙動予測,2次,3次採収法の選定などの目的のために資料として利用される。コア掘りを行う場合には掘削用のビットを引上げて,代りにコア採収器 (コアバレル) とコアビットをつけて掘進する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コア
核[地球]」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コア
〘名〙 (core)
① 核。中核部。中心部。
② 地表から二九〇〇キロメートル以深の地球内部の総称。
③ トランスやコイルの鉄心。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コア」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コアの関連情報

関連キーワード

マルチコアマルチコアキャッシュメモリープログラム言語Core i7動作周波数HyperTransportチップセット仮想化オーバークロック

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation