@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コイレ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コイレ
Koyré, Alexandre
[生]1892.8.29. タガンログ
[没]1964.4.28. パリ
ロシア生れのフランスの哲学者,科学史家。ロシアで中等教育を受けたあと,ドイツのゲッティンゲン大学で E.フッサールに師事し哲学を学び,パリ大学に移ってからは哲学史の研究で博士号を取得。その後 E.メイエルソンの影響のもとに科学思想史の研究に専念していく。特に科学哲学主題とした 16~17世紀における近代自然科学の発生の研究で著名。第2次世界大戦中にアメリカに亡命し,戦後プリンストン高等研究所とパリの科学技術史研究所で研究を続けた。主著に『ガリレオ研究』 (39) ,『閉じた世界から無限宇宙へ』 (57) があり,1950年代の科学史学界に強い影響を与えた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コイレ【Alexandre Koyré】
1892‐1964
ロシア出身の哲学史家,科学史家。母国中等教育を終えた後,フランスのパリ大学に留学した。そしてデカルトアンセルムスの研究で博士号を得て,パリの高等研究所の所員となった。最初は哲学史の研究に従事したが,メイエルソンの影響を受けて,しだいに科学思想史に関心を向けるようになり,1939年には画期的な業績と評される《ガリレイ研究》を出版した。第2次世界大戦後は,プリンストン高等研究所の常任研究員とパリの科学技術中央研究所の所長を兼任しながら,科学史におけるいわゆるインターナル・ヒストリー主唱者として,《閉じた世界から無限宇宙へ》(1957),《天文学革命》(1961)等の労作を次々と発表した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コイレ
こいれ
Alexandre Koyré
(1892―1964)

フランスの科学思想史家。ロシアのタガンロフに、富裕なユダヤ人商人の子として生まれる。1908年ゲッティンゲン大学に留学、フッサールに師事し、1911年にはパリ大学に移って研究。フランスに帰化し、『デカルト研究』(1922)、『アンセルムス研究』(1923)を著し、パリの高等研究所所員、1930年モンペリエ大学教授、1932年高等研究所研究主任。1939年実証的な研究に基づく『ガリレオ研究』を発表。1940年アメリカに亡命、1945年パリに戻るが、1955年プリンストン高等研究所常任研究員となった。『閉じた世界から無限宇宙へ』(1957)、『天文学革命』(1961)などの著作があり、科学史学に大きく寄与した。

[内田 謙]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コイレ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コイレの関連情報

関連キーワード

セントルイス・カージナルスマッケリーロートレック内閣総理大臣大本教ウィロビースターマーネフスキーカルクアルカリ岩カルクアルカリ花崗岩

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation