@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コウゾ(楮)【コウゾ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コウゾ(楮)
コウゾ
Broussonetia kazinoki; paper mulberry
クワ科の落葉低木で,西日本および朝鮮半島に分布する。山地に自生するが,製紙原料として田のへりなどに広く栽培される。葉は卵形のものが多いが,しばしばクワの葉のように2~3裂する。自生するものでは高さ 2mに達しを張るが,栽培のものはクワと同様毎年刈込むために大きくはならない。雌雄同株で,7月頃に球状に固まった花序をつける。雄花序は枝の基部に,雌花序は枝の上部に生じる。古くは樹皮繊維で布を織り,ユウ (木綿) と呼んだ。和紙 (こうぞ紙) の製造は冬に刈取った枝を蒸してから皮をはぎ,一度乾燥してからたたいて繊維を解きほぐし,漂白したのち紙にすく。高知県をはじめ,山口県や佐賀,熊本両県などで生産が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コウゾ【コウゾ(楮) Broussonetia kazinoki Sieb.】
山地の道端荒地などに多いクワ科の落葉低木で,樹皮の繊維が強く,和紙の原料とされる(イラスト)。枝は勢いよく直線状にのびて上し,若枝には微毛がある。葉は互生し,ゆがんだ卵形でざらつく。托葉はすぐ落ちる。雌雄同株。5月ころ,ほぼ球形の雄花序が新枝の基の方につく。雄花には4花被と,それに対生する4本のおしべがある。雌花序は新枝の先の方につき,球形に多数の雌花をつけ,赤い花柱が放射状に出る。雌花は袋状の花被に包まれ,その周囲には盾状の鱗片様のものが林立する。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コウゾ(楮)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コウゾ(楮)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation