@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コエンドロ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コエンドロ
Coriandrum sativum; coriander
セリ科一年草で,南ヨーロッパ原産。全草に独特の香気があり,薬味とするため地中海地方をはじめアジアや南アメリカなどで広く栽培される。は高さ 30~60cmとなり,まばらに分枝する。根葉は大きな羽状複葉茎葉は裂片が細い羽状複葉で,ともに柄の基部は鞘となる。夏に,枝端に散形花序を出し,5弁の小さな白花が群がってつく。日本へは江戸時代に香料として渡来,コエンドロの名もポルトガル語の coentroに由来する。英語のコリアンダーと呼ばれることも多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コエンドロ(〈ポルトガル〉coentro)
セリ科の一年草。東ヨーロッパの原産。高さ30~60センチ。葉は羽状に細かく裂け、互生する。夏、小花が多数集まってつく。実を香料や薬用に、若葉を食用にする。胡荽(こすい)。胡菜(こさい)。香菜(シャンツァイ)。コリアンダー。パクチー

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

コエンドロ

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コエンドロ【Coriandrum sativum L.】
コリアンダーcorianderともいう。地中海沿岸原産のセリ科の一年草または二年草。生葉を香味料として,魚や肉料理に添える。果実カレーその他の料理の調味料に用いるほか,胡荽子(こずいし)または胡荽実といい,健胃・駆風薬とする。精油0.8~1%,脂肪10~20%を含む。茎は高さ30~90cm。まばらに分枝する。葉は羽状に裂け,セロリの葉に似ている。全草に特有の臭気がある。初夏に各枝の先に小さい白花をつける。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コエンドロ【coentro】
セリ科の一年草。南ヨーロッパ原産。茎高30~60センチメートル。細裂した羽状複葉を互生。夏、茎の先に白色の小花を散状に多数つける。芳香があり若葉は食用、果実は香辛料や健胃・去痰きよたん薬などとする。胡荽こすい。コニシ。コリアンダー。香菜こうさい・シヤンツアイ。パクチー。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コエンドロ
こえんどろ
coentroポルトガル語
coriander英語
[学]Coriandrum sativum L.
セリ科の一、二年草。英語名によってコリアンダーともいう。地中海沿岸原産で、香辛料として栽培される。茎は高さ30~90センチメートルで、まばらに分枝する。葉は柄の長い羽状複葉でやわらかい。初夏、枝先に小さい白色花を複散形花序につけ、花序の周辺の花の外側の花弁が大きい。果実は球形で、径3~5ミリメートル、2個の半球状の分果が対(つい)になっている。9月ごろ熟し、レモンとセージをあわせたような芳香をもつ。未熟な果実や茎葉には特有の臭気があり、コリアンダーは、ナンキンムシのにおいに似ていることから、ナンキンムシkorisのアニスannonという意味でCoriandrumの属名ができた。
 現在はインド、インドネシア、マレーシア、さらにハンガリー、ポーランドなどの東部ヨーロッパ諸国、アルゼンチン、アメリカなどが主産地である。日本へは10世紀以前に中国から渡来し、江戸時代にはポルトガル人が伝えたので、ポルトガル語のcoentroからコエンドロとよばれるようになったらしい。初めは日本人の嗜好(しこう)にはあわず、普及していなかったが、第二次世界大戦後はハーブの一つとして、コリアンダーの名で一般に知られるようになった。さらにエスニック料理の普及により、タイ語名のパクチー、中国語名のシャンツァイ(香菜)の名でも知られるようになった。[星川清親・齋藤 浩]

利用

春または秋に種子を播(ま)き、若苗の茎葉を摘んで利用する。スープ、サラダ、和(あ)え物、油炒(いた)め、肉料理、塩漬けなどに用いる。中国料理のほか、タイ料理のトムヤムクンにも欠かせない。果実はリナロールを主成分とする精油0.8~1%、ペトロセリン酸を主とする脂肪10~20%を含み、胡(こずいし)または胡実といって健胃、駆虫薬とする。香辛料としての利用も広く、果実のまま、または粉末にしたものが市販され、果実はピクルスやソーセージに、粉末は魚料理のソース、カレー、キャンディー、パン、クッキーに混ぜて利用する。古代ローマ時代には肉の保存に使われていたし、聖書にも出ていることから、かなり昔から使われていたことがわかる。中世の愛の媚薬(びやく)としても有名である。[星川清親・齋藤 浩]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コエンドロ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コエンドロの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation