@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コクガン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コクガン
Branta bernicla; brant goose
カモ目カモ科。全長 61cm。頭部から胸部にかけて黒色で,上頸部には白と黒の縞模様の頸環斑がある。腹部は黒色の太い横帯と白色の縞模様で,下尾筒は白い。背,は黒褐色,尾羽は黒く,上尾筒は白色。,脚も黒色。北極圏の大陸沿岸と島々の沿岸部のツンドラ地帯に広く繁殖分布し,北半球のおもに中緯度地域に南下して越冬する。ほかのガン類と異なり,越冬する鳥は沿岸海域かその近くにある大きな湖に生息し,潮間帯で海藻やアマモなどおもに植物質をとっている。日本には,秋に北海道の東部沿岸に多数渡来し,大部分が北海道南部や本州北部まで南下して内湾や沿岸で越冬している。西日本には少ない。1971年に国の天然記念物に指定されている。(→ガンカモ類渡り鳥

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コクガン
こくがん / 黒雁
brent
brant
[学] Branta bernicla

鳥綱カモ目カモ科の鳥。北極圏に広く分布し、4亜種がある。日本ではおもに北海道、青森湾、松島湾など北部の江湾に小群で渡来するが、南は四国、博多湾(はかたわん)、さらには韓国沿岸まで記録されている。しばしばオオハクチョウとともに海上で観察されるのは、両種がともに海草のアマモを好んで食べるためである。北ヨーロッパでは1950年代にこの海草が伝染病でほとんど全滅し、コクガンの危機があった。全長61センチメートルと小形で嘴(くちばし)が小さく、黒色と灰色が主体で下腹付近は白く、頸側(けいそく)に白い線斑(せんはん)がある。

[黒田長久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コクガン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コクガンの関連情報

関連キーワード

古鷹型重巡洋艦魚雷コリー[種]テリア[種]ヒヒマントヒヒゴールデン・レトリーバーセンサービッグドラム洗浄アフリカアシネズミクスクス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation