@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コクラン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コクラン
Cochran, Sir Charles Blake
[生]1872.9.25. サセックス,リンドフィールド
[没]1951.1.31. ロンドン
イギリスの興行師。演劇サーカスレスリングなど,さまざまな興行を企画。 M.ラインハルト演出の『奇跡』 (1911) や,N.カワードの多くの作品を上演

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コクラン
Cochrane, Thomas, 10th Earl of Dundonald
[生]1775.12.14. アンスフィールド
[没]1860.10.30. ロンドン
イギリスの海軍軍人。1793年海軍に入り,フランス革命戦争中,諸海域で活躍。1814年無実の罪で海軍を追われ,1817~23年独立前夜のチリ,1823~25年対ポルトガル戦争中のブラジル,1827~28年独立戦争中のギリシアの各国海軍を指揮。1832年イギリス海軍に復帰軍艦蒸気機関を用いることを提案した。1851年大将。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コクラン
Coquelin, (Benoît) Constant
[生]1841.1.23. ブローニュシュルメール
[没]1909.1.27. ポントーダム
フランスの俳優。通称は「兄コクラン」。コンセルバトアールに学び,1860年コメディー・フランセーズに迎えられて,64年正式に座員となる。古典喜劇の従僕役をよくし,22歳で演じたフィガロで名声を得た。 86年に同座を離れ,ヨーロッパ,アメリカ各地を巡業,90~92年一時コメディー・フランセーズに戻ったが,再びヨーロッパ巡業に向い,以後はもっぱらブールバール劇場に出演。ルネサンス座を経て,97年,ポルト・サン・マルタン座で『シラノ・ド・ベルジュラック』を初演し,400回上演という大当りをとった。晩年はポントーダムに俳優のための養老院を創立することに専心し,自分もそこでした。著書に『芸術と俳優』 (1880) がある。弟のエルネスト (48~1909) も兄に劣らぬ名優であり,息子ジャン (1865~1944) も俳優となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コクラン
ブライ」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コクラン【Benoît Constant Coquelin】
1841‐1909
フランスの俳優。ブーローニュ・シュル・メールに生まれ,国立演劇学校を卒業後,コメディ・フランセーズで26年間フィガロ役などで活躍。1892年より商業演劇に移り,97年ポルト・サン・マルタン座でロスタンの《シラノ・ド・ベルジュラック》を初演,400回上演という空前の大当りをとった。弟エルネストErnest C.(1848‐1909)も喜劇俳優で,モリエールなどを好演した。【安堂 信也】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コクラン【Thomas Cochrane】
1775‐1860
第10世ダンドナルド伯10th Earl of Dundonald。イギリスの提督,技術者。1793年海軍に入り,スペインおよびフランス所属の船舶捕獲に活躍,1807年には下院議員となり,海軍の弊害について追及を行った。ナポレオン戦争に参加して武勲をたてるが,提督J.ガンビアとの確執がもととなって無実の罪で海軍を追放され,諸国を遍歴したのち32年に復帰した。この間1830年には圧縮空気を利用したケーソン工法(ケーソン)によって特許を獲得し,これにより鋼材による橋梁(きようりよう)建設の飛躍的な発達をもたらした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

こくらん【コクラン】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

367日誕生日大事典

コクラン
生年月日:1775年12月14日
イギリスの海軍大将
1860年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

コクラン Cochran, George

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

コクラン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コクランの関連情報

関連キーワード

ダンディ富岡製糸場日本郵便制度史(年表)富岡製糸場アルルの女アルルの女ムソルグスキーモンクラランド竹本長十郎

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation