@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ココス諸島【ココスしょとう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ココス諸島
ココスしょとう
Cocos Islands
インド洋上にあるオーストラリア領の島群。別称キーリング Keeling諸島パース北西 2750km,南緯12°5′東経96°53′に位置し,27の小サンゴ島からなる。南北に約 16km離れて二つの環礁に分かれる。一年中南東の貿易風が吹き,1~3月頃サイクロンに襲われるが,気候は安定。気温 25℃~29℃,年平均降水量 1970mm。海鳥が多く,カメラグーンに生息するが,土着哺乳動物は生息しない。1609年,イギリス人ウィリアム・キーリングによって発見され,1826年に初めてヨーロッパ人が定住。1857年イギリスの保護領,1955年オーストラリア領となった。事実上はココヤシ農園主クルーニーズ=ロス家の支配下にあり,マレー系住民が働いていた。その労働条件や支配方法が前近代的であるとして,1970年代にココス・マレー自治政府樹立の動きが盛んであったが,1984年の住民投票でオーストラリア帰属が確認された。面積 14km2。人口 605(2010推計)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ココス‐しょとう〔‐シヨタウ〕【ココス諸島】
Cocos Islands》インド洋、スマトラ島の南西1000キロメートルにある諸島。ノースキーリング島とサウスキーリング諸島という二つの環礁(かんしょう)で構成される。マレー系の島民が約3分の2を占め、サウスキーリング諸島のウエスト島・ホーム島・ディレクション島などに居住する。オーストラリア領。長く無人島だったが、19世紀にスコットランド人ジョン=クルーニーズ=ロスが入植し、以来その子孫がココヤシ農場を開いて個人領有。どの国にも属さなかったが、1978年オーストラリアが買収して領有した。人口596人(2010)。キーリング諸島。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ココス諸島
ここすしょとう
Cocos Islands
インド洋上、オーストラリアのパース北西2768キロメートルにあるオーストラリア領のサンゴ礁群。1609年イギリス人キーリングが発見し、キーリング諸島Keeling Islandsともいう。面積14平方キロメートル、人口621(2001)。ココヤシが自生する。
 住民はマレー系が多く、ココヤシを栽培している。1827年以来、農園主の私的管理下に置かれながら、1857年にイギリスが領有、1955年からオーストラリア領となった。オーストラリア政府は78年に土地を買い取り、79年には地方自治体が成立した。[谷内 達]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ココス‐しょとう ‥ショタウ【ココス諸島】
(ココスはCocos) インド洋南東部の珊瑚礁の島々。オーストラリア領。一六〇九年イギリスのキーリングが発見。コプラの採取が主。海底電線中継基地、空港がある。キーリング諸島。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ココス諸島」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ココス諸島の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation