@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ココノホシギンザメ【ここのほしぎんざめ】

世界大百科事典 第2版

ここのほしぎんざめ【ココノホシギンザメ】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

ココノホシギンザメ
ここのほしぎんざめ / 九星銀鮫
spotted rat fish
[学] Hydrolagus barbouri

軟骨魚綱ギンザメ目ギンザメ科に属する海水魚。北海道から千葉県付近までの太平洋に分布し、水深200~300メートルの海底に生息する。臀(しり)びれがないこと、第2背びれの外縁がくぼむこと、体に10個内外の白色斑点(はんてん)があるのが特徴。全長1メートルぐらいになり、トロールなどで漁獲され、練り製品の原料となる。学名のHydrolagusは「水の中のウサギ」の意味で、和名でも別名ウサギギンザメまたはウサギザメともよばれる。

[仲谷一宏]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ココノホシギンザメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ココノホシギンザメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation