@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コシアカツバメ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コシアカツバメ
Cecropis daurica; red-rumped swallow
スズメ目ツバメ科。腰が赤褐色で,尾羽が長く,深く切れ込んだ尾形をしている。全長約 19cm。頭上,背,,尾は黒紺色。眼の後ろから後にかけては赤褐色。喉,頸,胸腹部は淡黄褐色の地に黒褐色の細かい縦があるが,この斑が不明瞭な亜種もいる。分布は複雑で,北アフリカ西部,ヨーロッパ南部から中央アジアを経て東アジア中国東部にかけての地域では夏鳥(→渡り鳥)である。ミャンマーから東南アジアアフリカ中部では留鳥冬鳥もおり,インドオーストラリア北部では冬鳥である。日本では夏鳥で 3月下旬に渡来し,九州地方以北で繁殖する。市街地や農耕地,河川敷などで観察される。ツバメよりやや上空で活動し,飛びながら昆虫を採食する。は,ツバメと同じように軒下やビルの張り出し,橋桁の裏などにと草を混ぜてつくるが,形は異なり,上が解放しておらず,大きな徳利を縦に割って伏せたような,出入口がトンネル状の巣をつくる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コシアカツバメ
こしあかつばめ / 腰赤燕
red-rumped swallow
[学] Hirundo daurica

鳥綱スズメ目ツバメ科の鳥。同科ツバメ属に含まれ、全長約18.5センチメートル。頭上、後頸(こうけい)、翼、肩羽は光沢ある藍(らん)黒色、下面は淡褐色で黒褐色の小縦斑(じゅうはん)が密に並ぶ。外側の尾羽が長く、深い燕尾(えんび)状をなす。腰の橙(とう)褐色はこの種の最大の特徴である。4月に渡来する夏鳥で、西日本の各地に普通にみられる。

[坂根 干]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コシアカツバメ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コシアカツバメの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation