@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コシュート

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コシュート
Kossuth Lajos
[生]1802.9.19. スロバキア,モノク
[没]1894.3.20. トリノ
ハンガリー独立運動の指導者。下級貴族の出身。プロテスタント系の学校で法律を学び,弁護士の資格を得た。 1832~36年国会議員。反政府的言論活動により 37~40年入獄。釈放後もジャーナリストとして活動し,社会変革の綱領を作成。その理論的・実践的貢献により,47年再び国会に選出され,野党の指導者となった。 48年のハンガリー独立戦争で最も重要な役割を果し,同年4月ハンガリー王国初代立憲政府 (首相バチャーニュ ) の蔵相に就任,9月国民防衛委員会議長となった。 49年4月ハンガリーの独立,共和制を宣言,執政官として名実ともに国政を指導したが,ロシアの介入によって形勢が不利となり,8月辞任。オスマン帝国に逃れたのち,51~52年イギリス,アメリカでハンガリー独立の宣伝活動を行い,ロンドンに定住,マルクスらと交わった。 61年以降イタリアに住み,67年には特赦を受けたが,オーストリアとの「アウスグライヒ (和協) 」に反対して終生帰国しなかった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

コシュート
ハンガリーの作曲家バルトーク・ベラの管弦楽曲(1903)。原題《Kossuth》。オーストリアからの独立運動を指導した革命家コシュート・ラヨシュを称えて作曲された。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コシュート
こしゅーと
Kossúth Lajos
(1802―1894)

ハンガリーの革命家。1832年まで弁護士として地方で活動。1832~1834年の改革議会期間中『議会通信』を刊行して反政府改革派を支援。いったん投獄されるが、1841年の釈放後すぐにブルジョア諸権利と民族独立を訴える『ペシュト新報』を発刊。経済改革としては保護主義や上からの産業化を主張した。1848年のドイツ三月革命後、バッチャーニBatthyány Gusztáv(1803―1883)内閣財務相、ついで国防委員会議長を経て、1849年には新生ハンガリー共和国執政となり、革命を推進した。革命敗北後は亡命し、イギリス、アメリカを回り、独立戦争の士として歓待された。イタリアのトリノ在住後もドナウ連邦構想を打ち出すなど、故国独立のために奮闘し続けた。

[家田 修]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コシュート(Kossuth)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コシュート」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コシュートの関連情報

関連キーワード

グエン(阮)朝ドニエプロペトロフスクベートーベン尚温王十返舎一九グエン朝常磐津兼太夫ドニエプロペトロフスクレ・バン・ズエト青木夙夜

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation