@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コショウ科【コショウか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コショウ科
コショウか
Piperaceae
双子葉植物コショウ目の1科。新旧両大陸の熱帯,亜熱帯地域に8属約 3000種が知られる。このうちコショウ亜科 (狭義のコショウ科) は小低木またはつる植物で,葉は単純形で互生し,植物体全体に芳香をもつものが多い。一方のサダソウ亜科 (サダソウ科 Peperomiaceaeとして独立させることがある) は多肉の葉を互生,対生,または輪生する小型草本である。両群とも花はごく小さく,花被はない。おしべは1~10本 (サダソウ亜科ではすべて2本) ,子房は上位で,通常は両性花である。花序は穂状になるものが多い (→穂状花序 ) 。最も重要なコショウ (胡椒)をはじめ,同属 (Piper) 数種が香辛料植物として栽培され,サダソウ亜科には観賞用植物が多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こしょうか【コショウ科】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コショウ科
こしょうか
[学] Piperaceae

双子葉植物、離弁花類。藤本(とうほん)(つる植物)または多年草。葉は単葉で全縁、芳香がある。花序は穂状で葉と対生または腋生(えきせい)。花は小さく、両性または単性。花被(かひ)はなく、2~10本の雄しべと、2~4またはそれ以上の心皮の合生によると考えられる雌しべとからなる。子房は1室。1個の基生する胚珠(はいしゅ)がある。日本にはフウトウカズラなど2属4種が自生。世界の熱帯、亜熱帯に広く分布し、約3000種が知られる。ドクダミ科に近縁と考えられている。APG分類でもコショウ科とされている。

[大森雄治 2018年7月20日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コショウ科」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コショウ科の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation