@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コジェネレーション

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コジェネレーション
cogeneration
電力と有用な熱を同時に生産するシステムのことであり,熱・電併給システムとも呼ばれる。電力の代わりに動力を取り出す熱・動力併給も,広義コジェネレーションに含める場合もある。ディーゼルエンジン,ガスエンジン,ガスタービンの原動機により発電し,その排熱を取り出して給湯冷暖房に利用する。最近急速に普及し,1989年9月までに民生用 (ホテル,病院など) が約 350件 (約 14万 kW) ,産業用が約 300件 (約 113万 kW) の導入実績がある。これは,商用系統との連係ガイドラインの制定 (86年8月) や,一建物内での電力特定供給認可 (87年 11月) など,法制度面でもコジェネレーションを導入しやすい環境になってきている。なお,燃料電池もコジェネレーションの一種であり,今後の発展が期待されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

知恵蔵

コジェネレーション
エンジンや燃料電池などを用いて、発電と同時に、その廃熱を利用するシステム。一般の発電効率は38%程度で、最新鋭のコンバインドサイクル発電でも50%を超える程度だが、コジェネレーションは70〜80%ものエネルギー利用効率が得られる。蒸気熱を多く消費する紙パルプ産業などが導入の契機。その後、病院、ホテルなど、民生用の高効率システムとしても普及が拡大。
(飯田哲也 環境エネルギー政策研究所所長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

コジェネレーション
熱と電力を同時に利用するエネルギー供給システム。一般に、燃料を燃やして発電する発電所の効率は40%。残りは排熱になるが、近くに低温熱需要があれば有効に利用できる。ガス、灯油重油を燃やしてタービンやエンジンを回して発電、排熱で暖房や給湯を行うと、総合利用効率は80%になる。ただし需要地に建設されることから、大気汚染が問題になる。燃料電池やマイクロガスタービンを利用するものもある。小型のガスエンジンによる家庭用コジェネレーションも製品化されている。電力と熱、そしてそれ以外の何かの3つを利用したものは、トリジェネレーションという。太陽エネルギーから熱、電気、水素を発生させるソーラー・トリジェネレーションが研究されている。
(槌屋治紀 システム技術研究所所長 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

コジェネレーション(cogeneration)
《「コージェネレーション」「コゼネレーション」とも》
電気・熱・蒸気などを同時に発生させること。ガスタービンやディーゼルエンジンで発電する一方、その排熱を利用して給湯・空調などの熱需要をまかなうなど、エネルギーを効率的に運用すること。熱電供給。熱電併給。廃熱発電。
コジェネレーションシステム」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コジェネレーション」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コジェネレーションの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation