@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コジモ1世【コジモいっせい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コジモ1世
コジモいっせい
Cosimo I
[生]1519.6.12.
[没]1574.4.21. フィレンツェ近郊カステッロ
初代トスカナ大公(1569~74)。フルネーム Cosimo de' Medici。コジモ・デ・メディチの弟ロレンツォ・デ・メディチの家系に生まれる。政界には無縁だったが,遠縁にあたるアレッサンドロ・デ・メディチが暗殺されると 1537年にフィレンツェ公に選出され,神聖ローマ皇帝カルル5世の承認を得た。1555年シエナを攻略してトスカナ全土を支配下に収め,1557年にスペイン王フェリペ2世からシエナ公の地位を授与される。1559年ミラノのメディチ家出身のピウス4世が教皇に就任すると,その立場はより強くなった。近代国家を目指して,行政・司法部門の統一や整備を推進した。政庁となる建物としてジョルジョ・バザーリにウフィツィ宮(イタリア語で事務所の意)の設計を依頼した(→ウフィツィ美術館)。またパラッツォ・ピッティボボリ庭園の改築や建造にもかかわった。芸術の振興にも熱心で,この時期の公式宮廷画家にはヤコポ・ダ・ポントルモブロンジーノなどがいる。1564年に長男フランチェスコ1世領地の実質的支配を任せながら自身も公位を保った。1569年,教皇ピウス5世によりトスカナ大公の地位を与えられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コジモ1世」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コジモ1世の関連情報

関連キーワード

マクシミリアン[1世]マクシミリアン1世安土桃山時代(年表)マクシミリアンムルナーカトリーヌドメディシスマクシミリアンシャンボール城マクシミリアン1世メディチ家

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation