@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コスグレーブ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コスグレーブ
Cosgrave, Liam
[生]1920.4.13. テンプルオーグ
[没]2017.10.4.
アイルランドの政治家。首相(在任 1973~77)。アイルランド自由国大統領ウィリアム・トーマス・コスグレーブ在任 1922~32)の長男として生まれた。ダブリンのキャスルノック大学,法曹学院キングズインを卒業。1943年弁護士を開業,同年父の率いるフィン・ゲール党(統一アイルランド党)に参加し,アイルランド国民議会議員となった。1948~51年首相と通商産業大臣の公設秘書を兼務した。1954年に政権が交代すると外務大臣に就,1957年までその任にあたった。1956年国連総会初代アイルランド代表となる。1965年フィン・ゲール党党首に就任。1973年の総選挙後,首相に就任。同 1973年12月,北アイルランド問題に関する南北アイルランドとイギリスの三者会談がイギリスのサニングデールで行なわれ,主要メンバーとして出席した(→北アイルランド紛争)。1977年,総選挙でフィン・ゲール党が敗れて退陣した。1981年政界を引退。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コスグレーブ
Cosgrave, William Thomas
[生]1880.6.6. ダブリン
[没]1965.11.16. ダブリン
アイルランドの政治家。アイルランド自由国大統領(在任 1922~32)。1909年ダブリン市議会議員となり,のちにシン・フェーン党党員として再選。1916年の復活祭蜂起に参加。1917年キルケニー市議会議員。翌 1918年の選挙でシン・フェーン党が圧倒的な勝利を収めると,非合法のアイルランド共和国初の議会であるアイルランド国民議会の議員となり,地方行政大臣に就任。1921年のイギリス=アイルランド条約を支持してアイルランド自由国暫定政府の地方行政大臣となった。1922年マイケル・コリンズに代わって暫定政府の首相となり,アーサー・グリフィスの急死後アイルランド国民議会議長となった。1922年12月アイルランド自由国行政評議会議長(大統領)。就任後は国際連盟の会議やイギリス帝国会議にアイルランドの代表者として出席した。1932年の総選挙でエアマン・デ・バレラが決定的な勝利を収め,大統領の座を退いた。1933年ゲール同盟ほか 2党を合併してフィン・ゲール党を結成し,1944年まで党首を務めた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コスグレーブ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コスグレーブの関連情報

関連キーワード

大恐慌牧野省三戦間期フルハイビジョンフルHDフィッツジェラルドランランアメリカ演劇帰山教正グリフィス

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation