@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コトバ(詞)【ことば】

世界大百科事典 第2版

ことば【コトバ(詞)】
日本音楽の用語。能楽,幸若,浄瑠璃などにおける歌声部の音楽様式のひとつで,節付けがされていない部分とその様式をいう。能ではフシ(節)に,狂言では(うたい)に,義太夫節では主として地合(じあい)に,それぞれ対する。台本上はセリフの部分であっても,セリフには節付けされて音楽的な旋律唱されるものもあるから,音楽用語としてのコトバは,一般的にはセリフと同義語ではない。ただし,狂言や能のアイ(間)などのように,コトバとセリフとが事実上同義語である場合もある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

コトバ(詞)」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コトバ(詞)の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation