@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コニャック【こにゃっく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

コニャック(ブランデー)
こにゃっく
cognacフランス語
フランスの西部、コニャック市を中心としたシャラント地方(シャラント県とシャラント・マリティーム県)のみでつくられるブランデー。1909年の政令によって原産地呼称令が定められたが、その後改定され、現在は地域を六つに区分してその区域内でつくられるブランデーは、コニャックの名称のほかに区域名を呼称してもよいとされている。このうちグランド・シャンパーニュ、プティト・シャンパーニュ産のものが良質で、この2地区の生産品に限りフィーヌ・シャンパーニュfine champagneと表示できる。フィーヌはフランス語で「上等」の意味である。
 原料のブドウは大部分がシャラント産のサンテミリオン種で、これから得られる酸味の多い白ワイン(アルコール分は約9%)を蒸留する。蒸留にはシャラント型ともいわれる特殊な単式蒸留機が使用されて、2回に分けて行われる。加熱方法は直火式で、まずアルコール分25%程度の粗留液をとり、これをふたたび蒸留してアルコール分60~70%にする。コニャックの貯蔵に使う樽(たる)はリムーザン産のカシ材で、樽中で長い間熟成させる。この間に新酒の粗さが消え、丸くなり、色も琥珀(こはく)色に変わっていく。最後にブレンドして風味を調製し、出荷する。
 コニャックとして市販されるものには製造年の表示はない。これは、異なった年数のものがブレンドされているからである。ただ商業上、各メーカーによっては熟成年数の目安として、マークや記号をつけて貯蔵年数の古さを表示している。コニャックの古さを示す記号と貯蔵年数の関係は、三つ星が3~5年、VSOPは10~20年、ナポレオンは30~40年、エキストラは40~50年といわれている。ただしここで注意すべきことは、この年数はブレンドされたブランデー原酒のうち、もっとも古いブランデーの年数を表しており、酒の古さのだいたいの目安にすぎない。なお法律的には、VD、VSOPは最低4年以上、ナポレオン、エキストラは最低5年以上となっている。[原 昌道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コニャック」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コニャックの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation