@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コネティカット川【コネティカットがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コネティカット川
コネティカットがわ
Connecticut River
アメリカ合衆国,ニューイングランド地方最大の川。全長約 655km。流域面積2万 8710km2ニューハンプシャー州北西部,カナダとの国境付近のコネティカット湖に発し,直線的にニューハンプシャー州とバーモント州境を南流し,マサチューセッツ州中西部,コネティカット州中央部を横断して,ロングアイランド海峡に注ぐ。 1614年,オランダの商人 A.ブロックが河岸に到達した。川の名前は,「潮の干満の大きい川」というインディアンの言葉からきたものである。支流は一般に短小急流で狭い谷をつくり,本流とともに水力発電の開発が著しい。河谷は肥沃で農業が発達し,古くから交通路としても利用された。沿岸には,ハートフォードウェザーズフィールドなどの工業都市がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コネティカット川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コネティカット川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation