@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コノハムシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コノハムシ
Phylliidae; leaf insect
ナナフシ目コノハムシ科に属する昆虫の総称。雌が木の葉形の昆虫のなかでも最も木の葉に似ているので有名。特に腹背においた2枚の前翅がつくる1枚の葉の形はみごとである。体長 60~80mm。体色は全体に緑色。雌は触角が短く,頭部,胸部は小さいが,腹部は大きく扁平で幅広い。後翅はなく,肢部の,特に腿節にはひれ状の飾りがつく。雄は触角が長く,体はそれほど幅広くならない。前翅は短く,後翅のほうが発達している。卵は植物の種子状。東洋の熱帯を中心に分布し,マレー半島やボルネオ産のコノハムシ Phyllium pulchrifolium,ホンコノハムシ P.siccifoliumなどが有名。 (→ナナフシ類 )

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コノハムシ
このはむし / 木葉虫
leaf-insects

昆虫綱ナナフシ目コノハムシ科の昆虫の総称、またはそのなかの1種。コノハムシ科Phylliidaeの昆虫は、体長6~8センチメートルで、いずれも黄緑色ないし緑色をしており、頭部や胸部はナナフシ類の特徴を残すものの、腹部は背腹に扁平(へんぺい)で、横に幅広くなっている。雄の前翅(ぜんし)は小さく、後翅のみが畳まれて正中線に沿って腹背に置かれるのみであるが、雌の腹部背面に置かれた2枚の前翅は、体の正中線で左右相接し、ちょうど1枚の木の葉を思わせ、翅脈は葉脈を模した形になっている。コノハムシの名はこの前翅の形状に基づいている。各脚(あし)は短く、腿節(たいせつ)には大きい装飾葉片をつける。実際にこの虫が植物葉上にいると木の葉と紛らわしく、隠れ擬態の効果のあることが示される。卵も植物の種子状で、地面に落ちるとみつけにくい。主として東アジアの熱帯に分布しており、パラオ諸島やニューギニア島、スリランカなどにすんでいるが、スリランカのコノハムシPhyllium siccifoliumが代表種。日本にはいない。

[山崎柄根]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コノハムシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コノハムシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation