@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コパン

デジタル大辞泉

コパン(Copán)
中央アメリカ、ホンジュラス西部のグアテマラ国境近くにあるマヤ古典期の代表的な遺跡神殿や球戯場、マヤ文明の研究上重要な「碑文階段」などがある。1980年に「コパンのマヤ遺跡」の名で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

コパン
株式会社明治が販売するスナック菓子の商品名。フランスパン風のスナックに味をつけたもの。「バターソルト味」「アラビアータ味」「メープル味」などがある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コパン【Copan】
ホンジュラスにあるマヤ遺跡。モタグア川流域にマヤ芸術様式のひとつコパン様式を生み出し,4世紀から9世紀に最も栄えた都市。遺跡の中心部はアクロポリスと呼ばれる,プラットフォーム・建造物群複合体と五つの広場から成り,無数の石彫が空間を埋めている。丸彫に近い石碑群をはじめ彫刻の多彩さがコパンの特色のひとつである。また,天文暦数の記録の正確さは,アメリカ大陸の先史文化の中では他に類を見ない。【大井 邦明】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コパン
こぱん
Copán

ホンジュラスの首都テグシガルパから北西に約225キロメートルの地点にあるマヤ古典文化の大遺跡。マヤの大祭祀(さいし)センターとしてはもっとも南東に位置し、グアテマラのキリグアとともに、モタグア川流域のマヤ勢力を代表していた。遺跡は、多くの碑石、祭壇の置かれた大広場をはじめとする五つの広場と、それらを囲むピラミッド状の大神殿、神官の住居址(し)などを中心とし、周囲の広い地域にわたって、衛星都市をいくつももっている。中心部の建物のなかでは、1000以上の象形文字を刻んだ階段をもつピラミッドや、オウムの頭の標石をもつ球戯場などが有名であり、大広場に立つ碑石の人物像は、他の遺跡のマヤ彫刻にはみられない柔和な線によって表現されている。コパンは紀元6世紀以後最盛期に入ったが、9世紀初め急速に衰微した。1891年にハーバード大学が初めて調査を開始して以来、各国の調査団による発掘が行われ、最近の調査ではコパンを構成した社会組織の解明に力が注がれている。

[増田義郎]

世界遺産の登録

1980年、ユネスコ(国連教育科学文化機関)により「コパンのマヤ遺跡」として世界遺産の文化遺産に登録された(世界文化遺産)。

[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コパン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コパンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation