@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コビントン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コビントン
Covington
アメリカ合衆国,ケンタッキー州北境にある都市。地名は L.コビントン将軍の名に由来州境オハイオ川対岸オハイオ州シンシナティである。 1815年に発足し,商業の中心として発達した。タバコトウモロコシ家畜などの取引が盛んである。精密機械工作機械紙袋,電気器具などの工場が立地する。人口4万 3264 (1990) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コビントン(Covington)
米国ケンタッキー州北部の都市。オハイオ川とリッキング川の合流点付近に位置し、シンシナティと相対する。機械工業、電子工業、食品加工業が盛ん。19世紀建造のコビントン大聖堂、吊り橋がある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コビントン
こびんとん
Covington
アメリカ合衆国、ケンタッキー州北部の工業都市。人口4万3370(2000)。オハイオ川とリッキング川の合流点付近に位置し、対岸はオハイオ州のシンシナティである。タバコ、食品加工をはじめ、鉄板、金属加工、機械、電気器具などの工場がある。1812年に集落が建設され、15年に市となった。シンシナティとコビントンを結ぶ吊橋(つりばし)、自然史博物館のあるデボウ公園などが観光名所として知られる。[菅野峰明]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コビントン」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コビントンの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation