@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コピーライター

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コピーライター
copywriter
広告の文案を作成する人。アート・ディレクター,デザイナー,イラストレーターなどのスタッフと協力して広告の制作にあたるが,広告主意図にそって常に消費者にアピールする文案を作成しなければならず,文学的センスと同時に広告全般に関する広い知識が必要な職業である。印刷媒体用の文案作成者にこの名を用い,電波媒体用のそれを CMライターと呼んで区別する場合もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

コピーライター(copywriter)
広告文を作成する人。アドライター

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こぴーらいたー【コピーライター】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

コピーライター【copywriter】
広告文案を書くことを職業とする人。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

コピーライター
こぴーらいたー
copy writer
広告の文章(コピー)を書く専門家。コピーは広告メッセージのなかでのキャッチ・フレーズや広告本文をいい、告知的で説得的な役割を担う部分である。コピーライターの仕事は、アート・ディレクターや写真家などと協力し、まず広告すべき商品、役務について、誰に、何を、どう訴求するかの広告コンセプトをたてる。そのうえで、効果的で注目を引くキャッチ・フレーズをつくり、本文に誘導する。本文では商品、役務の特徴や便益について解説し、消費者を説得して購買行動へ誘引する。通常、印刷媒体の広告文を書く者をいうが、電波媒体のCMライターも含めていう場合がある。[豊田 彰]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コピー‐ライター
〘名〙 (copywriter) コピー④を書く人。通常、印刷広告の文案作成者をいうが、広くはテレビ・ラジオのCMライターをも含む。アドライター。
※こちら社会部(1964)一一〈菊地到〉「宣伝部に勤めているコピー・ライターであり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コピーライター」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コピーライターの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation