@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コフカ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コフカ
Koffka, Kurt
[生]1886.3.18. ベルリン
[没]1941.11.22. マサチューセッツ,ノーサンプトン
ドイツの心理学者。ギーセン大学私講師を経て,ユダヤ系のためナチスの迫害を受け渡米(1924),コーネル,ウィスコンシン両大学の客員教授を経て,スミス・カレッジ教授。ゲシュタルト心理学の創始者の一人。視知覚に関する多くの重要な業績を残し,特にアメリカの心理学者に対するゲシュタルト理論の紹介に貢献。主著『児童の心的発達の基礎』Die Grundlagen der psychischen Entwicklung des Kindes(1921),『ゲシュタルト心理学の原理』Principles of Gestalt Psychology(1935)。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コフカ【Kurt Koffka】
1886‐1941
ドイツの心理学者で,ゲシュタルト心理学の創始者の一人。1908年ベルリン大学で学位を得,10年フランクフルト大学シューマン研究室の助手となり,同じく助手であったW.ケーラーと知り合い,一緒にウェルトハイマーの知覚実験の被験者となった。以後,3人でゲシュタルト心理学の確立普及に努めた。コフカは知覚のみならず,学習や記憶,発達,社会心理など心理学のほとんどすべての研究領域にわたってゲシュタルト心理学の立場から考察を試み,ゲシュタルト理論の体系化を行った理論家でもあった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コフカ
こふか
Kurt Koffka
(1886―1941)
ドイツの心理学者。ゲシュタルト心理学派の代表者の一人。ベルリンの生まれ。ベルリン大学のシュトゥンプの弟子。ゲシュタルト心理学の出発点となったウェルトハイマーの運動視の研究には、ケーラーとともに被験者としても協力した。初期の著書に『心的発達の基礎・児童心理学入門』(1921)がある。1924年アメリカに渡りスミス・カレッジの教授となる。早くからアメリカの心理学者にゲシュタルト心理学を紹介する努力をした。『ゲシュタルト心理学の原理』(1935)はゲシュタルト心理学を体系的総合的に解説した英文の本であり、とくに、ドイツ語圏の学問を英語圏に紹介した点で大きな貢献をした。[宇津木保]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

コフカ
(Kurt Koffka クルト━) ドイツの心理学者。ゲシュタルト心理学の提唱者の一人。思考、知覚、学習、精神発達などを研究し、多くの業績をあげる。一九二四年アメリカに移住。主著「ゲシュタルト心理学の原理」。(一八八六‐一九四一

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コフカ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コフカの関連情報

関連キーワード

ナンバースクール岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグ帝国大学巌本善治ジェロニモスティーブンソン帝国大学東京大学

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation