@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

コブシ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

コブシ
Magnolia kobus
モクレン科の落葉高木。日本各地の山地に自生し,またしばしば人家にも植えられる。は直立し,高さ 8m内外になる。葉は互生し,広倒卵形で長さ 10cmほどあり,裏面は帯白緑色。若い葉は毛が多く膜質,早落性の長い托葉をもっている。早春,葉の出る前に白色の花を小枝の先に1つずつつける。は3個,披針状で外面に軟毛が密生する。花弁は6枚,倒卵形で外にそり返る。おしべ,めしべはともに多数で螺旋状に配列する。果実は長楕円形状の複合果で,各果が開すると赤色種子が現れ,白色の糸で吊り下がる。この実は辛みがあるので,コブシハジカミという古名もある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

コブシ【kobus magnolia】
モクレン科の高さ20mに達する落葉高木(イラスト)。春先,他の木々がのままの頃,コブシの木が無数の白い花で飾られているのは,山でも人里でもよく目立つ。 花は葉が展開する前に咲き,直径約10cm。花のすぐ下に1枚の若葉を伴うことが多い。萼,花弁は白色だが,基部は桜色か薄緑色になることが多い。萼は披針形で長さは花弁の1/3。葉は倒卵形,長さ5~20cmで,しわ質。近縁のタムシバM.salicifolia (Sieb.et Zucc.) Maxim.(イラスト)はよく混同されるが,萼は花弁の1/2の長さで,花は純白,枝はまっすぐに上すること等からコブシと容易に区別できる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

コブシ
こぶし / 辛夷
[学] Magnolia kobus DC.
Magnolia praecocissima Koidz.

モクレン科(APG分類:モクレン科)の落葉高木。花は葉の展開の前に木全体が白くみえるほど咲き、冬枯れの山野でよく目だつ。古くから春を告げる花木として親しまれ、田打ち桜などの名で農作業を始める目安ともされていた。しかし近縁のタムシバと混同され、北海道と関東以外では、コブシとよばれているのはタムシバの場合が多い。

 コブシは、萼(がく)が花弁の6分の1ほどの長さで細く、花弁は淡乳白色、花のすぐ下に若葉を1枚伴うことが多い。また、幹が多少曲がっており、葉も倒卵形ですこしざらつき、花期も違うのでタムシバとは比較的容易に区別できる。本州、九州、朝鮮(済州島)に分布し、北海道のものは変種キタコブシとして区別されることもある。世界的に花木として有名で、またほかのモクレン属の接木(つぎき)の台木として利用される。日本では漢方の辛夷(しんい)の代用品として使われる。

[植田邦彦 2018年8月21日]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コブシ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

コブシの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation